6月に入り、自然観察路の葉の勢いが増しています。
P6120769


曇り空の中、時折晴れ間がさすような天気が続いています。
P6120772


連日の曇りであるものの、雨があまり降らないため、タスオ池の水量が減っています。
P6120783


自然観察路で見られる植物の変化も目まぐるしいです。

カラコギカエデの小さな花が咲き、いい香りがしています。
P6120788


カンボクは白い装飾花が目立っていました。
P6120817


6月初めに満開を迎えていたズミやエゾノコリンゴの白い花は、見ごろが終わりました。
P6120805


ヤマグワはまだ熟していませんが、実がなっていました。
実が熟すと、野鳥が食べにくることがあります。
P6120787


足元には、ベニバナイチヤクソウが咲いていました。
P6120782


ハナニガナの黄色い花もよく見られました。
P6120781


「ビョーケー・ビョーケー・リリリリ・・・」となく、エゾハルゼミの抜け殻がよく見られました。
P6120785


さて、湖岸から遠くをよく見ると、ヒオウギアヤメの花の紫色が見えていました。
P6120804


また、アオサギがじっとしていました。
P6120791



木道の上には、シオヤトンボが見られました。
P6120811


木道下の草の上には、シオカラトンボが見られました。
P6120816



そして、葉が茂るこの時期は野鳥がなかなか見つけづらいですが、水場は野鳥に人気のため姿が見やすいです。

シジュウカラ
P6120840


「チヨ・チヨ・ビー」となくセンダイムシクイ
P6120851mini


「キョロン・キョロン」と大きくきれいな声でなくクロツグミ
P6120829


今しか見られないウトナイ湖の自然を、ぜひ見にいらしてください。
P6120773


(和歌月)

※ウトナイ湖および周辺自然観察路の動植物(昆虫を含む)の採取はできません。

すっかり初夏の雰囲気になってきたウトナイです。
天気が良くても、急に雨が降ることもあるので、散策の際は雨具があった方が安心です。

風が強く、雲の流れも速いです。
IMG_1007


さて、自然観察路の植物は、日増しにグングン成長しています。

オタルマップ川のミズバショウの葉は、驚くほどの大きさに。
IMG_1009


野生鳥獣保護センター側のバリアフリー観察路では、オニシモツケの大きな葉が一気に伸びてきています。
IMG_1011


さて、湖岸沿いでは、イヌコリヤナギの綿毛が目立ち、ふわふわとんでいました。
IMG_1005


同じく湖岸沿いでは、ズミやエゾノコリンゴの白い花が満開です。
P5311776


ハスカップの小径のコナラの木の根元には、ドングリから芽が伸びていました。
IMG_1010


また同じくハスカップの小径では、チョウセンゴミシの白い花が見られました。
ツル状に巻きついているので、いろいろなところで確認することができました。
P5311778


また、ミヤマザクラの白い花も見られました。
P5311801


ヒメイズイが開花していました。
IMG_1008


さて、木道の上には、ニホンカナヘビがひなたぼっこしているようでした。
P5311861


また、シオヤトンボも、とまっていました。
P5311811


チョウもよく見られました。

林の中ではクロヒカゲ
P5311838


草地では、ベニシジミ
P5311771


湖岸沿いの草原では、「ジッジッ、ジャッ、ジャッ!・・・」と、リズミカルに鳴くコヨシキリの姿が見られました。
P5311890


ぜひ、初夏のウトナイ湖へ自然散策にお越しください。

(和歌月)


※ウトナイ湖や周辺自然観察路の動植物(昆虫も含む)は採取できません。









昨日は、暴風と大雨だったウトナイですが、本日は晴れて気温も上がり春らしさ(もう初夏?)が戻ってきました。

湖の岸辺には、コイでしょうか。大きな黒い魚の背中だけが沢山見られました。
産卵に集まっていたのでしょうか。
P5220654


観察路のいたるところで、ズミやエゾノコリンゴの花のつぼみが見られました。
開花すると白い花が見られます。
P5220656


林の中は新緑がきれいです。
P5220649


足元には、ミツバツチグリの黄色い花が見られました。
P5221663


また、葉っぱの上には、青いハンノキハムシがいました。
P5220643


こちらは、木々の葉にいたキクビアオハムシ
P5220640


さて、倒木のねっこの上に何かいます。
P5221654


シマリスでした。
P5221654t


木の幹にとまっているのはハシブトガラ
P5221698


林の奥の方で、ちょこちょこ動き回っていたのは、巣材をくわえたムシクイの仲間でした。
P5221669


さて、本日は水場にたくさんの野鳥が水浴びにきていました。

写真左のセンダイムシクイ(?)と写真右のメジロ
P5221724


キビタキのオス
P5221732


クロツグミのメス
P5221765



湖岸では、アオサギがよく飛んでいます。
P5221676



自然は日に日にどんんどん変わっていきます。
ぜひ、さわやかなこの季節に、自然を満喫しに、ウトナイ湖へお越しください。

(和歌月)






ゴールデンウィーク中も寒い日があったウトナイですが、後半からの暖かさで一気に春になりました。

湖周辺はまだ緑が鮮やかではありませんが、
P5100546


観察路は一気に鮮やかさがでてきました。
P5100538


ホザキシモツケの葉が芽吹き、新緑がきれいです。
茶色いのは昨年咲いた花です。今年の花は7月ごろでしょうか。
P5100549


ハンノキの葉も芽吹き始めました。
P5100547


足元には黄色いキジムシロが開花中。
P5100559


一足先に咲いたキタコブシの花は、散り始めています。
P5101584


数日前の雨の影響か、タスオ池は水がたっぷり。
P5100544


さて観察路では野鳥たちの声がよくが聞こえます。

きれいな声でさえずるアオジ
P5101577


クルル クルルという地鳴きのカワラヒワ
P5100564


ハシブトガラは、水浴び中
P5101622


チヨ・チヨ ビーとさえずるセンダイムシクイ
P5101603


水鳥は見られる数が少ないですが、本日はコガモの群れが岸辺で休んでいました。
P5101591


色鮮やかなオスと、茶色のメス
P5101591t


他にも、「シーシーシーシー」という虫のような声のヤブサメや、「ケキョ・ケキョ・ケキョ ホーホケキョ」と鳴くウグイスの声などが聞こえにぎやかでした。

陽がさすと、暖かい春を感じることができます。
ぜひ、春のウトナイ湖散策をお楽しみください。
P5100541



(和歌月)



ウトナイ湖野生鳥獣保護センターでは、ゴールデンウィークの4月27日(土)~5月6日(月・祝)まで、楽しい春のイベントを行ないます。参加費無料ですので、ぜひこの機会にウトナイ湖へお越しください。

イベントポスター



【春のウトナイ湖・ウォークラリー】
ウトナイ湖野生鳥獣保護センターから約1周500メートルほどの、バリアフリー観察路を歩きながら、【春の自然】に関するクイズに挑戦するウォークラリーです。
クイズを解きながら、春の自然を身近に感じられること間違いなしです。

〇開催場所:
ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(植苗156-26 ※道の駅ウトナイ湖隣接)

〇開催日時:
4月27日(土)~5月6日(月・祝)10:00~ ※受付終了は16:00です。

〇参加方法:
参加費無料です。センター内事務所前のカウンターで受け付けをし、ウォークラリー用紙を受け取ってください。観察路を周りクイズを解いて、再度カウンターに戻り、答え合わせをしてください。


〇お問い合わせは、ウトナイ湖野生鳥獣保護センターへ(電話:0144-58-2231)


過去の春のウォークラリーの様子

受付
写真4.



観察路にてクイズ挑戦
写真2.


写真3a.



写真5.



皆さまのご参加をお待ちしています。

※ウトナイ湖サンクチュアリ(植苗150-3)とお間違えのないようにお気を付けください。

↑このページのトップヘ