日に日に気温が下がり、本日は強風で寒さを感じるウトナイです。
PA236630


水際は、流されてきた水草がたくさん見られました。
PA236790


いつも多くの水鳥が休んでいるオタルマップ川河口も、風で波が立ち、ヒシクイやハクチョウが数羽しかいませんでした。(写真は野生鳥獣保護センター側観察路あずまやより)
PA236597


湖の対岸側には、ガン類、カモ類、ハクチョウ類が見られました。
警戒心の強いマガンの群れが湖上を飛んでいました。
PA236612


観察路では、紅葉が見られました。
ヤマモミジ
PA236673


ハスカップの小径も色が変わり始めています。
PA236693


木の実も鮮やかでした。

ツルウメモドキの実
PA236632


ノブドウの実
PA236641


ケヤマウコギの実
PA236769


そして、先日まで緑色だったイボタノキの実は青くなっていました。
PA236651


林の中では、小鳥たちが活発に動き回っていました。

シマエナガが「リー・リー・リー、ジュルッ」とにぎやかに鳴きながら木々を移動していました。
PA236784


ハシブトガラはアクロバティックにエサさがし。
PA236804


シジュウカラも同じ群れにいました。
PA236817


木道の先に立っているのは、
PA236710


エゾリスです。なぜか、どんどん迫ってくるエゾリス。
PA236743


お腹に葉っぱがついていますよ。
PA236764


木道周辺もすっかり秋の景色です。
PA236788


ぜひ、暖かくして自然散策をお楽しみください。
PA236667


(和歌月)





本日は、寒く感じる気温のウトナイでした。
湖には、ガン類やカモ類、カイツブリ類などの水鳥がたくさん。
PA106185


マガンが飛んでいました。
PA106324


オタルマップ川の河口にも多く水鳥がいました。
(手前側は主にヒシクイ、一羽アオサギ。奥側は、マガンなど)
PA106321


岸辺で休む、コブハクチョウ、ダイサギ。
PA106292


林の中は紅葉が鮮やかで、小鳥たちの声がよく聞こえていました。


ヤマモミジは、緑・橙・赤の葉が。
PA106202



活発に動き回っていたシジュウカラ
PA106212



ハシブトガラも忙しそうに枝から枝へ。
PA106219


木をたたく音が聞こえ見上げると、キツツキの仲間のコゲラが。
PA106278


ケヤマウコギの実は紺色から紫色へ。
PA101137


マユミの実がついに見られるように。(外皮が割れていました)
PA101129


ツルウメモドキの実も鮮やかです。
PA101131


ノブドウのカラフルな実。
PA106199


イボタノキの実は、まだ緑色です
PA101133


木道。
すっかり秋の気配です。
PA101140


木道を歩くとトンボがたくさん。
シノメトンボ
PA106303


オタルマップ川は穏やかに流れていました。
PA101139


さて、本日は3頭のシマリスに合いました。
切り株に隠れている?シマリス。
PA106236


秋の自然を楽しみにぜひウトナイ湖へお越しください。
PA101134



(和歌月)
※観察路での動植物の採取はできません。










秋晴れのウトナイ湖、本日は水鳥が、にぎやかでした。
PA021072


野生鳥獣保護センター前には、マガンやヒシクイ、カモ類などがたくさん。
PA025916


オタルマップ川河口にもたくさん。
PA025965


そんな中、6羽のコハクチョウが確認されました。
PA025949


また、夕方になるとガン類が東の方向へ飛んでいきました。
マガンやヒシクイなどが混じって飛んでいきました。
マガンはヒシクイより小さく、お腹に黒い縞が入っています。
PA025978


こちらはヒシクイの群れです。
PA026012


こちらはマガンの群れです。くちばしの根元が白いです。
PA026018


林の中では、ヤマウルシの紅葉が見られました。
PA025986


また、一足先に紅葉したツタにアキアカネがとまっていました。
PA025992


オタルマップ川周辺は、ケヤマウコギの実が見られます。
PA025989


ピンク色のマユミの実(まだ外皮は割れていません)も見られました。
PA026025


木々に隠れていたのは、ハシブトガラです。
PA025997


エゾリンドウの花も、まだ見られています。
PA021076


林には、コナラやミズナラのどんぐりがたくさん。
PA021079


陽ざしが出ていても、風が冷たく感じます。
体温調節のできる服装で、ぜひ秋のウトナイ湖を散策ください。

(和歌月)








秋晴れのウトナイ湖です。
P9260972



本日は、野生鳥獣保護センターのバリアフリー観察路のあずまやから、右手に見える湖の南西部にヒシクイが、450羽ほど集まっていました。
午後2時30分ごろ、群れで東の方向へ飛び去って行きました。
P9265763


バリアフリー観察路の上空をアオサギが飛んでいました。
P9265797



観察路では、色鮮やかな実が目立っていました。

ノブドウの実
P9265800


イシミカワの実
P9260978


チョウセンゴミシの実
P9265840


ハスカップの小径では、ヤマモミジが紅葉し始めています。
P9265831


また、ツタの葉も赤くなっています。
P9260979


P9265850


ハスカップの小径の林に入ると、小鳥たちの声が聞こえてきました。

ジジジ!とハシブトガラ
P9265804


粉が降ってくるので見上げると、ギー!とコゲラ
P9265829



木道を歩いていくと、
P9260980



ハスカップの小径にあるオタルマップ川は、本日も穏やかに流れていました。
P9260983



足元に紅葉しているアキノウナギツカミの葉がありました。
P9265868


また、エゾリンドウも見られました。青や紫と色が様々です。
P9265867

P9265857


ハンノキの葉は、すでに落ち始めています。
P9265871


さて、木道の上にいたのは。。。

ひょっこりはん!
P9265885


シマリスでした。
体を一生懸命伸ばして、木道脇の植物をとっていました。
P9265882



ウトナイ湖を歩きながら、秋の自然をぜひ満喫ください。
P9260976



(和歌月)

※蚊はだいぶ数が減っていたようでしたが、観察路を歩かれる際はお気を付けください。

ウトナイ湖は秋晴れで、風も穏やかです。
P9190947


現在倒木等の影響で、一部の観察路は通行できませんが、通行できる観察路では様々な秋の自然を見ることができます。
P9190945


今日は、野生鳥獣保護センターのバリアフリー観察路にある【あずまや】や、【ハンノキのテラス】から左手に見えるオタルマップ川の河口に、120羽以上のヒシクイの群れを確認することができました。
P9195531

P9195531t

P9195693


他にも、マガモやオナガガモ、ヒドリガモなどカモ類も多くの種類が見られました。

本日は、ダイサギの姿もよく見られました。
P9195678


また観察路ではアキアカネやコサナエなどのトンボがよく見られています。
そんな中、トンボを捕え木の枝に隠れた野鳥を発見。
P9195580


コサメビタキでした。
P9195606


観察路では、紅葉が始まっていました。

ヤマモミジ
P9195642


ツタ
P9195664


そして、秋を感じる木の実も多く見られました。

チョウセンゴミシ
P9195630


マユミ(まだ外皮は割れていませんでした。)
P9195623


ツルウメモドキ
P9195618


ケヤマウコギ
P9195660


花の多くは、見ごろを終えていましたが、まだ咲いている花もありました。

ミゾソバ
P9195627


ヤナギタンポポ
P9190950


そして、観察路にはいたるところにドングリが落ちていました。
P9190955


さて、林では木を登るエゾリスの姿も見られました。
P9195646


秋晴れの中、ぜひウトナイ湖を眺めてはいかがでしょうか。
P9190948


まだ蚊がいますので、林を歩かれる際はお気を付けください。
P9190944


(和歌月)

↑このページのトップヘ