12月24日14:00~15:00、「道の駅」前湖岸~ハクチョウの小径~「イソシギのテラス」を巡回しました。
特に異常はありませんでした。

確認できたガンカモ類およびワシタカ類は、以下の通りでした。
コブハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、コガモ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ダイサギ、トビ、オジロワシ

今日は大雪の後だったため、長靴で歩くと膝近くまで雪に埋もれる状態。
P1020390


ただ、天気は快晴で風もなく、氷に装飾された木々は光かがやいていました。
P1020381

P1020377

さらに枝をゆらすと「シャンシャン」と音が。

野鳥と風景を楽しみながら調査をすることができました。



瀧本

連日の雪で、ネイチャーセンター周りも、真っ白な雪景色となりました。
PC242164resize


マヒワやハシブトガラに人気のハンノキも、凍っていました。
PC242230resize


そんな中、除雪機でせっせと道を開く小山レンジャーの姿が。
PC242163resize


現在散策路は、閉鎖となっていますが、ネイチャーセンター館内からは、美しいウトナイ湖を見ていただけます。
景色を眺めながら、素敵な時間をお過ごしください。

ネイチャーセンター2階から↓
PC242158resize


(和歌月)

2016年12月15日および12月16日15:00-16:00に、ウトナイ湖において鳥インフルエンザの警戒巡回を実施しました。
15日は、調査地点に到着とほぼ同時刻に雪が降り始め、視界が悪くなったため、16日に延期しました。
P1020284

湖畔の林の中を黙々と往復1時間半、1人雪道を歩いた身としては書きたかったので…。

打って変わって16日は晴れ間に恵まれ、風も無く穏やかな天気でした。
P1020328

私が来たため奥の方に逃げ、水草をついばむハクチョウとカモたち。ごめんなさい。
巡回の結果、特に異常はありませんでした。
P1020332


この日に確認できたガンカモ類およびワシタカ類は以下の通りでした。
コブハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、ミコアイサ、ダイサギ、トビ、オジロワシ

以上


瀧本

2016年12月15日午前中、晴れる間の中で勇払の巡回を実施しました。

樹上の雪は無くなったものの、道上の雪はまだまだ多く、20㎝程はありました。
P1020182

少しスピードを出すと、とても滑りやすいため徐行で回ってきました。
巡回結果としては、特に異常は見られませんでした。

その日の弁天沼の様子。
P1020203

沼の上の雪は、吹き飛ばされたのかまたは解けたのか、少な目。

そして今日もオオワシが鎮座していらっしゃいました。
P1020200

こちらを気にしている様子だったので、邪魔をしないように遠くから撮影。
画質はご容赦ください。

先週見た個体と一緒かはわかりませんが、ここで見られやすいということは彼(彼女?)らにとって、
ここにいると良いことがあるということなのでしょうか。

排水路の水面も凍っていました。
P1020222

かなり冷え込んだことが分かります。

今日観られたのは、ワシタカ類でオオワシ、オジロワシ、ノスリ。
水鳥は確認できませんでした。

以上

※この巡回には、環境省が指定する高病原性鳥インフルエンザ野鳥監視重点区域も含まれるため、調査員は使用した靴および車両のタイヤの消毒を実施しています。


瀧本

12月9日14:00~16:00、朝からの降雪で10㎝程の雪が積もる中で勇払の巡回を実施しました。
巡回中は雪は上がり、天気は曇り空。
弁天沼も雪に覆われ水面は見えず、恐らく氷っていると思われます。
P1020165


勇払の中は静寂に包まれていましたが、よ~く目を凝らすと生き物たちの姿が。

まずは、エゾシカのお出迎え。
P1020168


流れがある排水路ではミコアイサ。
P1020172



そして、オオワシ。
P1020175

今回は彼らを3個体も確認することができました。
東京から来た身としては、本州ではあまり見られないので、さすが勇払と感動しました。

その他に、以下の野鳥を確認できました。
オオハクチョウ、ノスリ、トビ、チュウヒ、アカゲラ、ツグミなど

厳しい冬の中、懸命に生きる彼らの姿を垣間見ることができました。


瀧本





↑このページのトップヘ