昨日(11月30日)、14時‐15時に「道の駅」前湖岸~ハクチョウの小径~「イソシギのテラス」を巡回しました。
衰弱・死亡個体はなく、異状はありませんでした。

観察できた水鳥およびワシタカ類は、ヒシクイ、マガン、コブハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ、ホオジロガモ、カワウ、ダイサギ、ユリカモメ、トビ、オジロワシでした。

湖は約6割が凍り、氷上にはオジロワシ若鳥2羽がとまっていました。
距離が遠かったため、参考までに29日の写真を載せます。
写真と同じような様子で近くにいるのを観察できました。
PB291986re


カモ類は、マガモがほとんど。
PB301990re2


気温は低かったものの、風は弱く、穏やかな湖でした。
resizeハクチョウの小径から湖風景(小山


瀧本


最近よく見られるダイサギですが、今日は水の上に立つ忍者のような姿が。
PB291934


水の上を歩いているように見えますが、実は氷結した湖上を歩く姿でした。
とても慎重にそっと、そっと、足を入れ替えながら歩くダイサギでした。

そんな氷結した湖の上には、

オジロワシ
PB291889


オオワシ
PB291872

本日は、野生鳥獣保護センターの望遠鏡からよく観察できました。

日暮れも早くなりました。
PB292073


そして、ウトナイ湖東部には、マガモ、ヒドリガモ、オナガガモなどのカモ類や、マガンなどが集まっていました。
PB291968


また東部の上空にはトビが、200羽以上飛翔していました。
PB291957


寒い日が続きますが、空気の澄んだ景色が見られます。
PB292076


ぜひお近くへお越しの際は、ウトナイ湖へお立ち寄りください。


(和歌月)

先週は、最高気温10℃ほどの日もありましたが、ここ数日は最高気温3℃ほど、昨日は最低気温が-10℃まで下がりました。

今朝のウトナイは、明るい陽ざしがでていましたが、水鳥の姿はあまり見えません。
PB242056


そんな中、遠くの空にダイサギが飛んでいく姿を確認しました。
PB241747


野生鳥獣保護センターのバリアフリー木道を歩いていると、上空から鳥の声が。
オオハクチョウが通過していきました。
PB241740


ハスカップの小径は、木々の葉が落ち、全体が見渡せるようになりました。
PB242059


マガンのテラスまで行くと、水面には氷が。
PB241749


マガンのテラスからウトナイ湖の東側を覗くと、凍っていない川の河口付近にハクチョウ類、マガン、カモ類などが集まっていました。
PB241766


船着き場周辺も凍っていました。
PB242061


そして、木道を歩いていると、横切るように次から次へとツグミが飛び出してきました。
これからの季節、冬鳥のツグミやマヒワ、オオワシなど冬鳥に出会えるのも楽しみですね。
PB241773


寒いが続いております。凍結時や降雪時は、足元に十分お気を付けて、ご散策ください。

(和歌月)

前回のウトナイ日記では、紅葉の様子をお伝えしました。
ここ最近のウトナイは、最高気温3℃や4℃と、冬の寒さを感じるようになりました。

湖では、カモ類やカワアイサなどがよく見られています。
カモ類の中でも、見つけるとなんとなく心躍ってしまうのが、ホオジロガモです。
PB101341


そして、最近よく見られるダイサギ。
PB101219


ハクチョウ類は、あまり多く見られていませんが、数百羽ほどのマガンの群れは見られることがあります。
PB102002

今日は、何度か驚いた様子で一斉に飛び立ち、ウトナイ湖面上を旋回し、湖へ着水を繰り返していました。
PB101286


林は葉が落ち始めています。
PB101977


そんな中、マヒワ(おしり姿ですみません)がハンノキの実を食べに来ていました。
PB101258


また、林には、ルリビタキも来ていました。
PB101228


湖、林、草原と、様々な環境があるウトナイで、たくさんの生きものが暮らしています。
PB101354

この時期にしか出会えないウトナイの自然を、ぜひ満喫しにいらしてください。
ネイチャーセンターは土曜日・日曜日・祝日に開館しております。寒い中観察路を歩かれた際に、近くへお立ち寄りの際に、暖かい館内でゆったりお過ごしいただけます。ご来館お待ちしております。

※降雪や凍結時に観察路を歩かれる際は、足元に十分お気を付け下さい。

(和歌月)




昨日は日中でも、気温が5~6℃ほどで、風も強く寒い一日でしたが、本日は気温が10℃ほどになり、外も歩きやすい気候です。

ウトナイ湖野生鳥獣保護センターの前の広場の、コナラやミズナラの木々も黄色くなってきました。
PA251502


本日は、いつにも増してマガンが多く集まっていました。
PA251715



一時に比べ最近よく見られるダイサギ。
一つの木にとまっているときは「ダイサギのなる木?」と思うこともあります。
ウトナイ湖は水深平均が約60cmと比較的浅いため、ダイサギやアオサギの足の長さで水底に立てるポイントもあるようです。
何度か頭を突っ込んで、魚を狙っていたようでした。
PA251657


暖かい陽ざしの中、マガモが仲良く泳いでいました。
PA251722tmini


ハスカップの小径は、紅葉を満喫できるスポットとなっています。
様々な色を満喫できます。


PA251742

PA251744


木々の葉も日に日に少なくなり、鳥も見やすくなってきました。
ハスカップの小径からマガンのテラスへ向かう途中、ハシブトガラ、エナガ、コゲラ、キバシリなどの鳥たちが活発に動き回っていました。

ハシブトガラ
PA251751


お近くへお越しの際は、鳥たちが賑わうウトナイ湖へお立ち寄りください。
PA251494


(和歌月)

↑このページのトップヘ