ウトナイ湖では10月から3月まで、高病原性鳥インフルエンザの感染(拡大)予防対策として、定期的に巡回調査を行なっています。

11月14日15時30分~16時15分に巡回調査を実施しました。
湖北岸の観察路にある「湖岸の観察小屋(湖東側)」から「道の駅(湖西側)」までの間と、美々川流入部を巡回し、見える範囲で水辺の野鳥の種類と数を記録し、異状の有無を確認しました。

調査の結果、異状はありませんでした。

この日は、少し風が強くて雪がちらつき、手袋をしないと手が痛くなるような気温でした。
20191114ウトナイ湖 (1)


そんな中、確認した種類は次の通りでした。
ヒシクイ、マガン、コハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ウミアイサ、ハジロカイツブリ、カワウ、ダイサギ、オオバン、オジロワシ、オオワシ、チュウヒ、コチョウゲンボウ 計18種

一番多かったのはヒドリガモの149羽、次いでオオハクチョウが144羽を記録しました。
ヒシクイ56羽、マガン86羽とガン類の数は落ち着いてきた様子です。

また、この調査の時にオオワシ(成鳥)を今季初確認しました。
20191114オオワシ初認

黄色い嘴が目立つ写真右がオオワシで、写真左はオジロワシの若鳥です。
スマホとスコープで撮影したので、画像が荒いです。

オオワシは、ウトナイ湖では11月から4月にかけての期間に見られる鳥です。
彼らを確認すると、冬が来たことを実感させられます。


瀧本




昨日、ボランティアさん1名と月1回の自然情報収集に行ってきました。

林の中は葉もすっかり落ち、小鳥たちが観察しやすくなりました。
先日に続き、エナガやシジュウカラ、ゴジュウカラ、ハシブトガラの混群やコゲラ、キバシリの姿が観察できました。

木の幹をつついて虫を探すハシブトガラ。この後ケヤマウコギの実も食べていました。
DSC07657



ハシブトガラが食べていたケヤマウコギの実
DSC07624


こちらは水分が少なくなったマユミの実
DSC07637

この実はメジロの大好物。ただ、ついこの前まで群れで食べにきていたのに、まったく姿を見なくなりました。南下したのかも知れません。

ツルウメモドキの実もたくさん残っています。こちらは野鳥にあまり人気がないようです。
DSC07600


チョウセンゴミシの実は干しぶどうのようになっています。
DSC07615


僅かに残っていたズミの実
DSC07651


ハンノキの実と、春になると伸びてくる雄花
DSC07628



そして、また、ハンノキにあの食いしん坊が・・・
DSC07593


ふさふさの冬毛になっています。食べ物が少なくなる冬に備えて、しっかりと脂肪分を蓄えているのでしょうか。
DSC07590



湖では、ダイサギやオオハクチョウ、マガン、カモの仲間が見られました。

水の中で魚を狙うダイサギ
DSC07596


こちらはウトナイ湖では比較的珍しいアビ
DSC07642

DSC07639



午後から雪がちらつく寒い1日でしたが、葉が落ちた林で小鳥を見るには絶好の季節になりました。
マガンやヒシクイ、ハクチョウ類もまだ見られます。
ぜひウトナイ湖に足を運んで、秋の名残を楽しんでください。

(山浦)










急に寒くなったウトナイ湖です。

すっかり葉が落ちたハンノキに何やら動くものが・・・
DSC07411


エゾリスです! ハンノキの熟した実(堅果)を一生懸命食べています。
DSC07408


1時間後にもまだ同じ木でガリガリ、もぐもぐ・・・
とても食いしん坊なエゾリスでした(^ ^)
DSC07503


自然観察路ではエナガやカラ類の混群が見られました。
DSC07498


湖は水鳥たちで賑わっています。

帯状になったマガンの群れの手前にはカワアイサとマガモとオオハクチョウが。
DSC07544


こちらはオオハクチョウ(手前は幼鳥)とマガン。
DSC07558


そしてオオハクチョウとオオバン。
DSC07531


人の気配に驚いて、いっせいに飛び立ったダイサギ。
DSC07509


寒さ対策をしっかりして、ぜひ秋のウトナイ湖に遊びにいらしてください。
DSC07452
DSC07402


(山浦)

秋を迎えたウトナイ湖では、コナラやミズナラがまだ紅葉していますが、
PA291827


観察路の葉がだいぶ落ち始めました。
PA291828


木の実が枝に残されて目立っていました。
PA291830


鮮やかなツルウメモドキの実
PA291831


同じく鮮やかなマユミの実
本日は立つのも大変ほどの強風だったためか、ここ連日マユミの木に集まっていたメジロは見られませんでした。
PA294550


ハスカップの小径の林は、コナラ・ミズナラなどの落ち葉の絨毯に。
中にハリギリやヤマモミジの葉が混ざっていました。
PA291832


オタルマップ川も、落ち葉が流れていました。
PA291835


強風の中、時折水に潜っていたスズガモ(繁殖のための羽ではないため目立ちませんでした。)
PA294522


対岸には、オオハクチョウやコハクチョウ、ヒドリガモやマガモ、オオバンなど多くの水鳥が見られました。

本日は、マガンの声と飛ぶ姿も見られましたが、あまり多くの数は見られませんでした。
昨日28日は、夕方に東の方向へ飛ぶマガン・ヒシクイが多く見られました。
(↓の写真のみ10/28撮影)
PA284509



さて、強風の中でも林ではカラ類が活発に動いていました。

シジュウカラ
PA294567


ハシブトガラ
PA294590


PA294576


また、エゾリスが木々を移動する姿もみられました。
PA294552


ぜひ、秋のウトナイ湖へ自然散策にお越しください。
PA294561


(和歌月.)





ウトナイ湖では10月から3月まで、高病原性鳥インフルエンザの感染(拡大)予防対策として、定期的に巡回調査を行なっています。

10月25日15時~16時に巡回調査を実施しました。
湖岸の観察小屋から道の駅までの間を巡回し、見える範囲で水辺の野鳥の種類と数を記録し、異状の有無を確認しました。

結果、異状はありませんでした。

見られた野鳥の種類は、
ヒシクイ、マガン、コブハクチョウ、コハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、オナガガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、オジロワシ、チュウヒ 計22種

20191015ウトナイ湖岸観察小屋

写真は湖東側にある湖岸の観察小屋から。
私が担当したこの場所は、スコープが無いとカモが見られない状況でとても静かでした。
ボーっとするには最適かもしれません。

カモが多く確認された位置は、湖中央(ネイチャーセンター正面)~湖西側(道の駅側)でした。
ガンは100羽に満たない数でしたが、ハクチョウ類約400羽、ヒドリガモ約340羽、マガモ約390羽、
オオバン約360羽と、この季節ならではの水鳥たちの群れを確認しました。

合わせて、ウトナイ周辺の森林は色鮮やかに紅葉しています。
20191025紅葉


冬になる前にだけ見られる風景をお見逃しなく!


瀧本

↑このページのトップヘ