本日野生鳥獣保護センター周辺を巡回しました。
キビタキやエゾセンニュウ、センダイムシクイが鳴き交わし、エゾハルゼミの声が以前より大きくなっています。葉っぱもすっかり茂っており、もう既に、見通しの良い静かな初春の森が懐かしい気持ちです。


―観察された生物

[野鳥] キビタキ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、ウグイス、カッコウ、ツツドリ、ハシブトガラ、シジュウカラ、カワラヒワ、アオジ、アオサギ、ダイサギ、オジロワシ、トビ、コブハクチョウ、ヨシガモ、
[植物] ズミ(満開?)、ツリバナ(花)、カラコギカエデ(花)、ベニバナイチヤクソウ(花)、ササバギンラン(花)、ハマハタザオ(花)、ミゾソバ(葉)
[昆虫] シオヤトンボ(成虫)、ヨツボシトンボ(成虫)、ツノジロナカアカハバチ(成虫)、キアシシロナミシャク(成虫)、アオカタビロオサムシ(成虫)、エゾヨツメ(羽化したて?)
[その他] エゾアカガエル(成体)

20150602-1
(左)美人なササバギンランと(右)かわいいベニバナイチヤクソウ(私的所感)


20150602-2
エゾアカガエルが川の近くの散策路を歩いていました

20150602-3
エゾヨツメ(ガの仲間)の存在感のある姿

20150602-4
首をかしげるキビタキ

(福家)