本日、野生鳥獣保護センター周辺を巡回しました。先週は最高気温が30℃近くまで上がり、うだるスタッフ続出となりましたが、週末頃より20℃を上回るくらい。ウトナイ湖を吹く風は、既に秋の気配です。植物も、夏~秋に咲く花が目立っています。
最近では外を歩くと毎回出会う「混群」、今日は、ゴジュウカラ、シジュウカラ、ハシブトガラ、センダイムシクイの混群に出会いました。賑やかに鳴き交わす多種の小鳥に取り囲まれると、なかなかの幸福感を味わえます。

DSC_0049
今、最も目立つ花、オニユリ(ハンノキのテラス付近) *花期8月~9月

DSC_0077
キツリフネ(黄釣舟)たくさん開花中(ハスカップの小径) *花期7月~9月

DSC_0193
湿地を好むエゾミソハギ(ハスカップの小径) *花期8月

DSC_0133
背丈1mほどの、ツリガネニンジン(ハスカップの小径) *花期8月~9月

図1
3、4匹の虫をくわえて地上を走っていった【左】アカハラ(野生鳥獣保護センター周辺)と、【右】アカハラ幼鳥(オタルマップ川付近)

(福家)