大型連休の初日ですね。ですが朝からひんやり、長袖にジャケットがほしいくらいのウトナイ湖。午後からは雨がしとしと降っていましたが、道内外からお客様がたくさん来てくださいました。そして昨日9/18にはヒシクイの御一行様(13羽)がウトナイ湖に到着しています。連休中、ネイチャーセンターは毎日開館しておりますので、是非遊びにきてくださいね。

さて、夏の終わりになり、スズメバチの目撃が増えてきました。
イソシギの小径(イソシギのテラス~湖岸の観察小屋)ではコガタスズメバチの巣が確認されています。昨日中に巣は撤去しておりますが(直径20cmほどの立派な巣でした)、まだ残ったハチが周辺を飛んでいたため、現在も通行止めの措置をとっております。湖岸の観察小屋より20mほど手前に通行止めの看板を設置していますので、それより先には立ち入らないようお願いいたします。今後の観察小屋の利用再開の際は本ブログでもお知らせいたします。DSC_0045


DSC_0009
ヤマブドウが熟していました

DSC_0124
個人的に好きな、雨の暗い観察路から望むネイチャーセンター。明るい光が、暖かく皆様をお迎えしますよ~(福家)

-----追記(9/20)------------------------
「イソシギのテラス」から「湖岸の観察小屋」間の通行止めを解除いたしました。

スズメバチの巣の撤去後も通行止めの措置をとっていた『イソシギの小径』ですが、ハチがまだ残っているものの攻撃してくる様子は見られないため、通行止めを解除します。しばらくスズメバチが周辺を飛ぶ可能性がありますので、湖岸の観察小屋へ向かう際は、十分に注意してください。
----------------------------------------------