連休2日目の今日は、すっきりと青空が広がっています。10時の気温は19℃、爽やかな散策日和です。
9/18に初認されたヒシクイ、本日は50羽ほど。マガモやヒドリガモなどとともに道の駅の正面辺りをぷかぷか、春に聞いて以来の「ガハハン ガハハン」という懐かしい声が、穏やかな秋晴れの湖上に優しく響いていました。DSC_0228
ヒシクイとカモの群れ

DSC_0278 (3)
観察路を少し進むと、ほお袋をパンパンにしたシマリスが現れました!道の反対側の藪に消えたかと思うと、しぼんだほっぺで戻ってきました(写真は、しぼんだ後)。シマリスは冬の間200日間ほど冬眠をするので、秋になると冬眠に備えて木の実などを集めるのに大忙し。ちなみに、同じくウトナイ湖畔でよく見られる「エゾリス」は冬眠せず、雪の上を元気に走り回ります。

DSC_0302
まだまだ森は緑です(ハスカップの小径)
(福家)