今日も賑わっているなぁと湖上を眺めていると、背後のズミの藪の中でガサガサと音が。夏毛(赤褐色)から冬毛(灰褐色・耳の先の毛が長め)に生え変わっているエゾリスに出会いました。
DSC_0565
イグチ科?のキノコをくわえて運び、立ち止まってはかじっていました。こちらの存在に気が付くと、木の枝分かれした部分にキノコを置いて離れていってしまいました。後でまた食べにくるのかもしれません。シマリスと違いエゾリスは冬眠をしませんが、秋にはドングリやクルミなど大きい木の実などを土に埋めて貯蔵し、冬の間の食糧とするそうです。

DSC_0625
水鳥のおしくらまんじゅう、背後には紅葉した森、さらに奥には冠雪した日高山脈(右上部にうっすらと。。)
(福家)