2月13日、勇払原野の巡回を行いました。この日の苫小牧はプラス気温となる厳冬期とは思えないほど温かい日でしたが、弁天沼に着くと結氷した氷の上を通って冷やされた風で、私の肌は北海道ならではの刺すような寒さを感じました。
DSCF3551
【弁天沼】

氷上にワシなどの姿を見ることはできませんでしたが、代わりに草原にチュウヒ、林縁にノスリを確認することができました。

図1
【左:チュウヒ 右:ノスリ】

今年、ネイチャーセンター周辺では冬鳥があまり見られませんが、勇払にはアトリが来ていました。ウトナイ湖周辺と比べてアトリにとって好ましい条件があるのでしょう。
勇払原野内を通っている人工の側溝には常に凍っていない水があり、ダイサギがふちを歩いていました。きっと餌を探していたのでしょう。

木々を見ると相変わらずシカの食痕が目立ちました。シカ自身も数頭みかけました。苫小牧市内に住んでいるとなかなか気づきにくいですが、勇払では着実にシカが増え、木々に被害が出ているようです。何か手を打てればよいのですが・・・。
図2
【左:側溝の縁にたたずむダイサギ 右:シカに樹皮を食べられた木】


クマの足跡は見つかりませんでしたが、最近では冬眠しないクマをちらほらといるそうですので、勇払原野を散策される方は十分ご注意ください。
(松岡)