20160223viewDSC_0821
 美々川河口から


2月18日の15:00~16:00、ウトナイ湖北岸の巡回を行いました。衰弱・死亡個体等の異常はありませんでした。確認された水鳥は下記のとおりです。

コブハクチョウ・オオハクチョウ・ヨシガモ・マガモ・キンクロハジロ・ホオジロガモ・ミコアイサ・カワアイサ・カワウ・ダイサギ・オジロワシ・オオワシ

美々川の河口付近で調査を開始しましたが、その周辺のハンノキの実をつつくマヒワの群れや、上空を飛ぶオジロワシやオオワシたちを見ることができました。
湖では、観察を始めたころはマガモたちと共にオオハクチョウ2羽が丸くなって寝ていましたが、午後3時半を過ぎると急ににぎやかに。採餌に行っていたと思われるオオハクチョウが次々と帰ってきました。
挨拶なのか「そこを退け」なのかは不明ですが、大きく「コウーコウー」と鳴きながら着水する様子は迫力がありました。
ちなみに、調査の時間中に確認できたのは、成鳥73羽、幼鳥1羽でした。

mahiwaDSC_0788
 ハンノキの実を食べるマヒワ
ojiroJ1DSC_0794
 オジロワシ幼鳥
swanDSC_0937
 千歳方向から飛んできたオオハクチョウの群れ


(小山)