ガン類について続報です。
先日、10万羽越えの情報をお届けしたばかりなのに、早くも減少のお知らせです。

今朝(3/23)、有志Iさんと今日のガン類の数えてみたところ、本日は8500羽以上。
数日前よりもかなり減っています。

前日22日早朝にはウトナイ湖2万羽以下(Iさん)だったという情報もあり、もしや、と思っていましたが、一気に数を減らしたのを目の当たりにすることになりました。
ちなみに、千歳市の長都沼には同日早朝、3万羽ほどいた(Hさん)という情報をいただきました。

gooses181
本日2月23日の朝の様子
gooses0168
1万羽を切ったとはいえ、飛び立つと迫力はあります

ウトナイ湖で彼らを見つめる私たちにとっては、もう行ってしまうのか…? という不安と寂しさがありますが(ただし、天候や状況によってはまたウトナイ湖をねぐらにするものが増えることも考えられます)、ガンたちにとっては、この後、なるべく早く繁殖地へ行き、子育てをし、来秋に幼鳥を連れてまた日本などへ戻ってこなければならないという忙しい生活が待ち受けています。
となると、早く北上できるのは彼らにとって喜ばしいことなのかもしれません。


【お願い】
ガン類は非常に警戒心の強い野鳥です。ちょっとしたことで驚き、飛び立ってしまうことがあります。観察は以下のことを留意して行ってください。
①ガン類に近づきすぎない
②フラッシュを使用しての撮影はしない
…また、暗い中の移動で懐中電灯やヘッドライトをご使用になるかと思いますが、
③ガンのいる付近(湖岸)に近づいたらライトを消す※暗いうちは遠くまで光が届きます
これから長い旅をするガンたちが安心して休めるよう、温かく見守ってくださいね。

【お知らせ】
 ネイチャーセンターでは27日に「あかつきに雁を見る会」を行ないます。どうぞご参加ください。詳しくはコチラをどうぞ。


(小山)