ウトナイ湖周辺の木々は、葉が茂り、生き物たちは活発に動きまわっています。
ウグイス、センダイムシクイ、キビタキなどの夏鳥が木々の間を行ったり来たりしながらあちらこちらでさえずり、どこからかカッコウとツツドリの声も聞こえて、にぎやかなウトナイとなっています。
森の中では、虫もよく見られ、木道では、トンボが羽を休めていました。


シオヤトンボのオス(成熟前です)
160607cWC


シオヤトンボのオス(成熟)
160607bWC


蝶々のクロヒカゲ
160607aWC


ハスカップの小径にあるオタルマップ川も、太陽の日を浴びて輝いていました。
160607eWC


そして、桃色の可愛らしい花のベニバナイチヤクソウも咲いていました。
160607dWC


植物の開花や、鳥のさえずりなど、この時期しか見聞きできないウトナイの自然をぜひ満喫しにいらしてください。
(和歌月)