3日間ほど雨が続き、ウトナイの鳥たちはどうしているのか。
小雨になったタイミングを見計らい、巡回に出かけました。

この時期は、葉が茂り鳥がなかなか姿を見せてくれない時もありますが、木道を歩いているとアオジが飛び出してきました。
雨風にまけずに、えさを探していたのでしょうか。
160614aoji


ハスカップの小径に入ると、頭上の木々の間を、センダイムシクイが飛び交い始めました。
そこに、シジュウカラも入り、にぎやかに。
にぎやかだなと思っていたら、その直後大粒の雨が降り出してきました。
160614senmushi


再度、湖の見える木道へ戻ると、鳥の声が聞こえました。
こっそり覗いてみると、行きには見られなかったコチドリが2羽、えさを探して水辺を歩いていました。
160614kochidori2


雨の日のウトナイも、晴れの日とは違った魅力があります。
ぜひ、お近くへお越しの際は、ウトナイ湖へお立ち寄りください。

(和歌月)