快晴のウトナイでは、生きものたちが活発に動き回っています。

本日ウトナイ湖には、オオハクチョウが来ていました。
本来ならば、オオハクチョウはロシアへ渡り繁殖をしている時期ですが、ウトナイ湖には怪我等で渡りをしないオオハクチョウが時々訪れることがあります。
P8020825


野生鳥獣保護センターのバリアフリー木道に、何かいると思い、遠くからのぞいてみると
P8020768


P8020772


P8020788


P8020805


鳥たちが、日光浴をしているのでしょうか。

入れ替わり立ち代わりです。
P8020847


P8020850


あまりにも、大人気スポットのようでしたので、驚かしては申し訳ないと思い、来た道を戻りました。

昆虫もよく観察できました。
ホザキシモツケの蜜を吸うミドリシジミ

P8020914


羽が欠損しながらも一生懸命羽ばたいていたウラジャノメ
P8020902


ハッカハムシ
P8020940


サトキマダラヒカゲ
P8020948


青空とウトナイ湖の景色を、ぜひ見にいらしてください。
P8020936


(和歌月)

※動植物(虫も含む)の持ち帰りはご遠慮ください。