12月8日の15:00~16:00に、「道の駅」前湖岸~ハクチョウの小径~「イソシギのテラス」を巡回し、状況を把握しました。衰弱・死亡個体はなく、異状はありませんでした。

確認できた野鳥は、マガン、コブハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ホオジロガモ、カイツブリ、ダイサギ、トビ、オジロワシ、チュウヒ、ノスリ、カワウなど、でした。

湖は8~9割の水面が凍り、水鳥たちが主に観られたのは、美々川が流入していて凍りにくい湖の南東部対岸でした。
彼らは水面が狭くとも、あるものは鳴き、あるものは首を丸め、あるものは水に飛び込み、場所を分け合いながら、穏やかな時を過ごしている様子でした。

PC082092resize

PC082175resize



瀧本