19日の朝方にかけて、苫小牧市内でも積雪がありましたが、読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。
ウトナイ湖でも30㎝程の降雪がありました。
前に降った積雪もあるため、場所によっては膝ほどの深さがあるところもあります。

さて、そんな19日15:00-16:00にかけて、鳥インフルエンザ警戒巡回実施しました。
巡回範囲は、「道の駅」前湖岸~ハクチョウの小径~「イソシギのテラス」と美々川の流入部です。

朝方とは打って変わり、空は晴れ、穏やか天気でした。
P1020495


巡回の結果、特に異常はありませんでした。

確認した野鳥は、次の通りでした。
コブハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、コガモ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、トビ、オジロワシ、ノスリ

現在、湖はほとんどが結氷しており、水鳥たちを確認できたのは、美々川(湖東側)と勇払川(湖西側)のそれぞれの流入部で氷っていない場所のみでした。

最後に、野鳥の邪魔にならないように、1枚だけ写真を撮らせていただきました。
P1020519

飛行機と工場と野鳥と、現在のウトナイ湖らしい風景だと思います。
野生の生き物と人間双方にとってより良い形で、次の世代へ。



瀧本