報告が遅くなりましたが、2月2・9日14:00-15:00に鳥インフルエンザ警戒巡回を実施しました。
巡回範囲は、湖岸の観察小屋から野生鳥獣保護センターまでの、湖の北岸です。

両日ともに特に異常はありませんでした。

見られたワシタカ類及びガンカモ類は次の通りでした。
2日:コブハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、マガモ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カワアイサ、トビ、オジロワシ、オオワシ
9日:コブハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、マガモ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、ダイサギ、トビ、オジロワシ、オオワシ

主に見られた場所は、両日とも美々川(湖東側)及び勇払川(湖西側)の流入部の解氷面でした。
カモについて、2日はマガモが25羽ほどで他は数羽程度でしたが、9日はマガモ29羽に加え、キンクロハジロが25羽程見られました。
また、ワシ類は前回(1/26)に比べ、 2日7羽、9日9羽と数が増えてきた様子でした。
オオワシ


瀧本