連日快晴が続き、雪解けがすすんでいたウトナイですが、本日は冷たい風に、どんよりとした曇り空でした。
しかし、ウトナイ湖の水面は広がり、本日はあちらこちらに水鳥の姿が見えました。

P3141817



ヒドリガモは氷の縁に上がったり、水面に降りたりしながら、エサを探しているようでした。
P3141720t


そんな中、一か所にあつまるオオワシ、オジロワシ、そしてカラスたち。
打ちあがった魚を食べているようでした。
P3141746


ふと上空を見ると、湖へ向かって飛んでいく、オオワシ成鳥の姿が。
本日は、オオワシは成長4羽、幼鳥4羽。
オジロワシは、成長2羽、幼鳥3羽確認できました。
P3141804


一時、青空が見えたウトナイでした。
P3142661


現在自然観察路の雪が解け始め崩れやすくなっております。
歩かれる際は、足元に気を付けて通行いただければと思います。


3月もすでに半月が経とうとしています。
待ちに待った、鳥たちの春の渡りの季節となりました。
ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターでは、雁のイベントを開催します。
ぜひ、ご参加ください。



① 「第3回 雁(がん)のいろいろアート展」
3~4月のネイチャーセンター開館日(毎週土・日曜日および祝日の計19日間)に、公募した美しい写真、手編みの帽子、マスコット、俳句などをネイチャーセンター館内で展示しております。

②「たそがれに雁(がん)を見る会」 ※日本野鳥の会苫小牧支部との共催です。

日 時 :2017年3月18日(土) 17:00~18:30 *悪天時も決行
集 合 :ウトナイ湖サンクチュアリ/ネイチャーセンター
対 象 :どなたでも (ただし中学生以下は保護者同伴でお願いします。)
定 員 :なし
参 加 費:無料
申 込 み:不要
持 ち 物:カップ(お茶・コーヒー用)、防寒具、長靴、双眼鏡や図鑑など
内 容 :日中は周辺の田んぼで落ち穂ひろいをしていたガンたちが夕暮れとともにねぐらであるウトナイ湖に戻ってきます。数万羽となるそのねぐら入りの姿を楽しみます。


③「あかつきに雁(がん)を見る会」
日 時 :2017年3月26日(日) 早朝5:00~6:30 *悪天時も決行
集 合 :ウトナイ湖サンクチュアリ/ネイチャーセンター
対 象 :どなたでも (ただし中学生以下は保護者同伴でお願いいたします。)
定 員 :50名(申込み先着順)
参 加 費:1人300円(小学生以上)*モーニングコーヒー(紅茶)、保険料、資料代を含みます。
申 込 み:ネイチャーセンターまで電話または直接。(申込みの締め切りは、各開催日の前日)
内 容 :ねぐらであるウトナイ湖で夜を過ごしたガンたちは、日の出とともに周辺の田んぼへ落ち穂ひろいに向かいます。数万羽となるその飛び立ちを楽しみます。


皆さまのご参加をお待ちしております。

(和歌月)