ウトナイ湖は、様々なカモたちで賑わっています。
特にオナガガモ、マガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、などがよく見られます。

頭部のクリーム色のラインが目立つヒドリガモのオスです。
メスと一緒に、岸辺の草むらをつついていました。
P3290511t


ホオジロガモのメスです。
頻繁に水に潜り、さっきとは、別のところから出てくるので、観察もなかなか気力が必要です。
P3290487


カワアイサのオスとメスが列をなして泳いでいました。
オスは深い緑色の頭部、メスは茶色の頭部をしています。
時折、勢いよく水面をすすむ姿や、水に潜る姿が見られました。
P3290526


自然観察路木道の雪は、ほぼ解け歩きやすくなりました。
P3292752


冬鳥のツグミもまだ見られています。
枯れ葉を、ひっくりかえしてエサを探しているようでした。
P3290542


気温は、高くなってきましたが、春の気分で歩きはじめると、急に冬の冷たい空気に変わることがあります。
晴れていたのに雪が降るなど、1日を通して、天気や気温の変化がありますので、観察路を歩かれる際は、体温調節のしやすい服装で歩かれることをおすすめします。
P3290427


(和歌月)