4月も下旬になり、ウトナイ湖周辺の植物の姿は、日々変化しています。

エゾニワトコの冬芽が、芽吹いていました。
P4252776


雄花の黄色が鮮やだったエゾノバッコヤナギは、葉の芽吹きがはじまっていました。
P4252777


先日から何回かウトナイ日記に記載したナニワズの花は、本日も鮮やかに咲いていました。
そして、黄色い花は、さわやかな香りがします。
P4251197


さて、4月13日に初認された夏鳥のアオジは、4月25日現在頻繁に見られるようになりました。
一生懸命さえずっていたアオジです。
P4251188


そして、本日は夏鳥のニュウナイスズメの飛来が確認されました。

ニュウナイスズメのオスです。
スズメに比べて、頭頂や背が赤茶色で、頬の黒斑がありません。
P4251240t


こちらは、メスです。
P4251257t


ニュウナイスズメの写真を見た後に、スズメの写真を見ていただけると、違いが分かりやすいかもしれません。

スズメ(雌雄同色)※スズメの写真は4月22日撮影
P4211157


また、写真は撮れませんでしたが、ハスカップの小径でヤブサメの「シーシーシーシー」という、さえずりも聞くことができました。

次に飛来が確認される夏鳥が何か楽しみですね。
ちなみに、昨年4/24、一昨年4/23に確認されたメジロや、昨年4/30、一昨年4/28に確認されたアカハラなどが見られるのではと心待ちにしています。


ちなみに、本日はシマリスが元気よく動き回っていました。
P4251192


大型連休等もありますので、ぜひウトナイ湖に春の自然を満喫しにいらしてください。

(和歌月)