今、ウトナイ湖岸の道沿いで、こんな黄色いものが見られます。

P1050157 - コピー




これからの季節目立ってくる存在です。



ズームアウトしてみると、こんな姿。
P1050157

北アメリカから明治時代に持ち込まれたオオアワダチソウです。
外来種と呼ばれる、元々ウトナイ湖には生えていなかった存在。

彼らは今、その強い繁殖力で分布を広げていて、元々いる植物たちの場所を奪っています。

彼らは人間によって持ち込まれた存在のため、彼ら自身は悪くはないのですが、放っておくとオオアワダチソウだらけになってしまい、元々いた植物たちの姿が見られなくなってしまう可能性があります。

そこで、8月27日(日)オオアワダチソウの抜き取りイベントをおこないます。
題して「ウトナイ湖外来植物バスターズ~オオアワダチソウからウトナイ湖を守ろう~」
抜き取りと自然ガイドの2本立て。
自然を楽しむことから、さらに1歩踏み込んでいっしょに自然を守りましょう!
申込方法など詳細はこちら

お待ちしてます!

(瀧本)