晴天のウトナイですが、朝夕は冷え込んでいます。

ウトナイ湖の自然も、静かに秋へ移り変わっているようです。
P9050964


春から夏の間にどんどん成長していたアキタブキも葉が枯れ始めていました。
P9050963


マユミの実は、鮮やかな色になってきました。
P9051842


ノブドウの実も色づいてきました。
nobudou


ヤマブドウも色づいてきました。
yamabudou


木道脇の水辺では、ミゾソバの透明感のあるピンク色の小さな花が咲いています。
P9051835


湖には、コブハクチョウが泳いでいました。
P9051828


対岸の木に、アオサギが3羽とまっていました。
P9051813


林の中では、クロヒカゲ(チョウ)が地面にとまっていました。
P9051911

P9051883


ルリイトトンボも、まだ姿が見られます。
ruriitotonnbo


コヒョウモン(チョウ)も、林の中や木道沿いをヒラヒラとんでいました。
kohyoumon


まだ、葉っぱが茂っていますが、少しずつ、紅葉している葉も見られます。
P9051923


P9050969


涼しくなってきた観察路を歩きながら、夏から秋への季節の移り変わりを感じにいらしてください。

(和歌月)