ウトナイ湖には、北から渡ってきたマガンやヒシクイの姿がよく見られるようになりました。
まだ、1000羽を超える数は見られていませんが、列をなして飛ぶ姿などが見られています。
今シーズンは最大どのくらいのガン類が見られるのか楽しみです。
P9262735
P9262729



そんな、ウトナイは9月に入り、スコールのような雨が降ることがあり、湖の水かさが増しています。
P9261216


観察路では、秋を感じさせる自然が多く見られるようになりました。
P9261217


ツルウメモドキは、黄色い実や、それが裂けて出てきた、赤い仮種皮の種子が見られています。
P9262766

P9261222


ノブドウの実も多く見られました。
カラフルでいくらみていても飽きません。
P9261233


上空には、アオサギ。
P9262764


そして、オジロワシの幼鳥も飛翔していました。

横から
P9262688


前から
P9262692


林の中で出会った鳥。
P9262698


イカルでした。
P9262696


木道沿いの藪からこちらをのぞく視線。
P9262684


ノゴマでした。
P9262680



ツタの葉が赤く色づいています。
P9222648


観察路では、少しづつ紅葉が始まっています。
P9262722



秋のウトナイへぜひ足をお運びください。
P9261227


(和歌月)