ウトナイ湖では昨年10月から今年5月まで、高病原性鳥インフルエンザの感染(拡大)予防として、定期的に巡回調査を行ない、ここで皆さんにご報告していました(当地での感染の確認はありませんでした)。

 そして、ガン・カモ類、ハクチョウ類など水鳥の渡りシーズンを迎えた10月から、巡回を再開しました。当面は月3回程度を予定しており、結果は関係機関に報告して情報を共有するとともに、この「ウトナイ日記」で皆さんにもお知らせします。

 10月26日は、14時~15時に「道の駅」前湖岸~ハクチョウの小径~ウトナイ湖岸観察小屋を歩き、状況の把握及び視野内でのカウントを行いました。確認種はマガン、シジュウカラガン、ヒシクイ、コハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、カンムリカイツブリ、オオバンなどで、水鳥に衰弱・死亡個体はなく、異状はありませんでした。(中村)

マガンの群れとオオハクチョウ
岸近くで休むオオハクチョウ、奥にマガンの群れ

コナラの紅葉
カエデの仲間と同じように赤くなったコナラ(ドングリ)の葉


「野鳥と高病原性鳥インフルエンザ」についてはコチラもご覧ください。

活動をご支援ください。ウトナイ湖ファンクラブのご案内はこちら