新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、新年1回目の鳥インフルエンザ警戒巡回を本日(1月4日)14:00-15:00に実施しました。
巡回範囲は、いつもと同様のウトナイ湖野生鳥獣保護センターから湖岸の観察小屋までの湖北岸です。

小雪が舞う中での巡回の結果、特に異常は見られませんでした。
確認された水辺の野鳥は次の通りでした。
コブハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カワアイサ、ダイサギ、トビ、オジロワシ、オオワシ、ノスリ

湖は川の流れ込みと流れ出し付近以外はしっかり氷っていました。
P1042096mini


氷上にはオオワシやオジロワシがとまっており、その横にはカラスが見張っていました。
カラスはワシの魚でも横取りするつもりかもしれませんね。
P10443561mini



美々川流入部の付近には260羽ほどのマガモが。
12月にも同様の数がいたので、ウトナイ湖周辺で越冬しているのでしょうか。
P1044335mini



今の時期はワシが比較的見つけやすいように思います。
新千歳空港から車で20分の距離ですので、本州から来た方もお気軽にお立ち寄りください。

飛行機が着陸態勢に入る際、ウトナイ湖の上空を通過します。その時に湖を良く見るとハクチョウがいるのを確認できることがあります。窓際にお座りの際には下をのぞきこんでみるのも面白いかもしれません。


瀧本