ここ数日、雨が降ったり、日中プラスの気温になったりすることが多いウトナイでは、凍っていた湖の氷が一部解け、だいぶ水面が広がりました。
P1104436



氷上と水辺を行き来するオオハクチョウたち。
今日は、比較的近くで、幼鳥の姿も確認することができました。
P1104438


雪ではなく雨が降ったため、観察路は路面凍結している箇所がありますので、通行される際は足元に十分お気を付けください。
P1102115


広場の水たまりは、小さなスケートリンクのようです。
P1102116


ウトナイ湖野生鳥獣保護センターのバリアフリー観察路の、木道部分は地面が見えていました。
P1102117


あずまやから勇払川河口方面を見るとダイサギがいました。
さて、何羽いるでしょう?
P1104430


写真右から数えると、11羽に見えるのですが、、、、、、


実は、一番左側、片足立ちのダイサギが2羽重なっていますので、全部で12羽でした。


今日は、ワシたちも活動的で、バリアフリー木道の真上を、オジロワシが1羽通過していきました。
その数秒後、カラスとともに、もう1羽オジロワシが通過していきました。
P1104459


ハスカップの小径では、積雪は多くなく、一部地面の土や、ササが見えていました。
P1102123


静かな林の中にアカゲラが木をつつく音が響いていました。
P1104507


林の上空にもオジロワシが旋回する姿を見ることができました。
P1104514


寒い季節ですが、ウトナイ湖で野鳥観察を楽しまれてはいかがでしょうか。
観察路を歩かれる際は、足元に気を付けて、ご通行ください。

(和歌月)