木々の葉がやっと広がり、新緑と風が心地よい勇払原野。
そんな中、ウトナイ湖サンクチュアリでは5月19、20日に親子向けイベント「オオジシギ調べ隊」を実施しました。
CIMG7834


オスがアピールする行動「ディスプレイ」に特徴があり、別名「雷シギ」とも呼ばれるオオジシギ。オーストラリアと日本を行き来するこの野鳥は、数の減少が心配されており、日本野鳥の会では保全活動を進めています。
杭の上がお気に入りのオオジシギ

DSC_0486


このオオジシギの個体数を調べると共に、地域の方に調査体験を通して自然に親しんでいただくこと、さらにオーストラリアの方との交流をしていただくことがこのイベントの目的です。

オーストラリア調査チームの来日に合わせておこなわれたこのイベントには、日本人の親子9組20名とオーストラリアの中高生と大人11名が参加しました。

調査の舞台は弁天沼周辺の勇払原野。
1班7名前後に分かれ、6カ所の調査地点に散らばって調査をしました。

結果、確認できたオオジシギの数は合計16羽。
全ての班がオオジシギを生で見ることができ、みなさんにご満足いただけた様子でした。
イベントに参加くださった皆さま、ありがとうございました。

このイベントの結果は、4月21日から5月31日までの期間で、道内全域300カ所以上、日本野鳥の会支部員の100名以上が参加しておこなわれている調査の1つとしても利用されます。

オオジシギ保全プロジェクトのこれまでの活動は次のフェイスブックページでご覧いただけます。
https://www.facebook.com/wbsjoojishigi/
今後、調査結果も上げられると思いますので、いいね!などで、ご支援をいただければ幸いです!

日本野鳥の会公式オオジシギスタンプもぜひ!!
https://store.line.me/stickershop/product/3174028/ja

今回来日したオーストラリアチームのホームページアドレスはこちらです。
https://jerrabomberrawetlands.org.au/


以下、当日の様子です。

CIMG7804

19日の事前説明会の交流会

CIMG7813

子供たちの打ち解ける早さにはおどろかされました。

DSC_0491

班ごとの調査実施中

CIMG7844

弁天沼にもご案内しました。

ウトナイ湖周辺では、今が良くオオジシギが見られる時期です。
草原の上空を舞う姿をぜひ探してみてください。


瀧本