5月25日雨上がりの勇払原野を巡回してきました。
P1080814


弁天沼周辺の植物の様子は、ウトナイ湖と比べると少し遅い雰囲気。
ズミの花も開いているものが少ない印象。
P1080869


ただ、道脇はかなり茂ってきています。
バイケイソウの背丈は高いもので140㎝ほどに伸びていました。
P1080823


近くにはコウライテンナンショウの姿も。
P1080822

安平川沿いの木々もかなり茂ってきています。
P1080825


日当たりが場所では、ヒメイズイの花。
P1080850


ケヨノミ(ハスカップ)の花
P1080815


野鳥に目を向けると、
去年アオジがずっとさえずっていた木の上のお立ち台ではノゴマがさえずっていました。
P1080840

近くにアオジの姿は無く、このままノゴマがこの場所を使うのでしょうか?

その他に野鳥はノビタキ、ベニマシコ、チュウヒなどが見られました。

野鳥たちは子育てをする季節。
写真を撮るために近くに寄ったり、長く同じ場所に留まることは、子育てを失敗させる原因になります。
野鳥が同じ場所を安心して使い続けられるように、また人の次の世代も同じように自然を楽しむことができるように、ご配慮いただければと思います。

この日の弁天沼の様子。
P1080848

晴れたり、強い雨が降ったり、を繰り返す不安定な天気でしたが、
春の風が心地よい勇払原野でした。


瀧本