ウトナイ湖では現在、高病原性鳥インフルエンザウィルスの感染拡大予防のために、巡回をおこなっています。今回は、12月6日(木)の巡回結果をご報告します。

巡回時間は14:00~15:00。調査範囲は道の駅前湖岸~ハクチョウの小径~ウトナイ湖岸観察小屋です。記録した対象は、水鳥および水辺を利用する鳥、ワシタカ類です。

結果、特に異常は見られませんでした。

見られた種類は次の通りでした。
マガン、ハクガン、コブハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、カワウ、ダイサギ、トビ、オジロワシ、オオワシ、チュウヒ、カワセミ 計18種

一番多く確認されたのはマガンの770羽前後。
マガン群れDSC_0243-


また、マガモが277羽前後見られましたが、その他のカモの仲間は10羽前後でした。
全体的に湖東側に寄って水鳥たちは浮いていました。

調査時間の後半になると、ちらほらとオオハクチョウたちが飛来。
ハクチョウ3羽飛ぶDSC_0221cut

ウトナイ湖では水鳥の渡りが落ち着いてきた印象がありますが、
焦って渡っている鳥たちもいるのでしょうか?

素手で調査していると、手が痛くなってくる寒さになってきました。
来園される際には十分に暖かくしていらっしゃってください。


瀧本