寒波の到来が連日ニュースになっていますが、ウトナイ湖は、雪はあまり降らず、晴れています。
時折、雲がかかります。
晴れている分暖かいように見えて、日に日に寒さが厳しくなっています。
PC261832


ウトナイ湖は珍しく、結氷が緩んでおりますが、今後の寒さで再び結氷するかもしれません。
湖の西部は、水底も見えました。
PC261848


美々川河口付近、勇払川流出口を除いて、湖の東部側の多くは結氷していました。
マガンのテラスからの景色
PC261844


観察路の積雪は少ないですが、残っている雪が解けて凍り、大変滑りやすいので、足元にお気を付けください。
PC261836



オタルマップ川は穏やかに流れていました。
PC261839


湖の対岸には、珍しくオオハクチョウが230羽ほど見られました。
結氷部分には、オオワシの姿も。
PC267577


西側の勇払川河口付近には、ダイサギが並んでいました。
PC267700


林では、様々な野鳥が見られました。

木々や笹薮を頻繁に動き回るシジュウカラ
PC267637


ハンノキの実からタネを取り出していたハシブトガラ
PC267583


忙しく木をたたくコゲラ
PC267651


大きな音を出して木をたたくアカゲラ
PC267622


さて、私はだれでしょう?
PC267598


動きが速すぎて顔が見えないエナガ(亜種シマエナガ)でした。
PC267614


さて、私はどこでしょう?
PC267623




ここです。
PC267623maru


キバシリでした。
木の根元に飛び移り、そこから上にあがり、上に上がったら、またほかの木の根元に飛び移ります。
PC267633


さて、最後に水辺で「ピ・ポ」と声が。
見てみると、夏鳥のベニマシコでした。最近は、夏鳥でも冬場に見られる種類がいます。
PC267697


観察路を歩かれる際は、滑らないよう足元に気をつけてご散策ください。
PC261847



(和歌月)