新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

平成最後の年明け、最初の鳥インフルエンザ警戒巡回調査を
1月4日(金)14:00~15:00に実施ましたのでご報告します。

調査範囲は道の駅前湖岸~ハクチョウの小径~ウトナイ湖岸観察小屋です。記録する対象は、水鳥および水辺を利用する鳥、ワシタカ類です。

結果、異常は確認されませんでした。

確認された種類は次の通りでした。
コブハクチョウ、オオハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、ダイサギ、オジロワシ、オオワシ 計13種

2019年年明けのウトナイ湖岸は、雪が少なく、地面が出ている所が多くあります。
P1110045

湖面は大半が氷っており、溶けているのは、湖東側と西側の川が流れ込んでいる部分と南側の水が流出部の3か所。
この日、水鳥が多くいたのはウトナイ湖東側の美々川が流れ込んで溶けている部分でした。

最も多かったのはマガモ約370羽。次いでオオハクチョウ210羽でした。
P1110047

P1110048


ねぐらをとるのかと思いきや、調査時間中に大半が千歳方面へ飛び立っていきました。

この場所が最も近くで見えるのは、湖岸の観察小屋。
多少距離が距離があるので、双眼鏡やスコープをご持参いただくのをおすすめします。
ネイチャーセンター駐車場から、ゆっくり歩いて20分ほどの所です。
ただ、野生の生き物なのでいない時もありますのでご了承ください。

また、暖房等はありませんので、暖かくしてお越しください。


瀧本