雪解けが一気に進み、観察路も歩きやすくなったウトナイです。
P3050204


湖はまだ結氷が見られますが、水辺にはたくさんの水鳥が来ていました。
オオハクチョウ、マガモ、オナガガモ、ヨシガモ、コガモ、ホオジロガモ、カワアイサなどなど。
P3050065


先週までカワアイサのオスをよく目にしましたが、本日はメスもよく見られました。
P3050052


林の中では、雪どけで、氷の中からコナラなどの落ち葉が見えていました。
P3050198


ハシブトガラが見られました。
P3050068


さて、ウトナイ湖野生鳥獣保護センターと、ウトナイ湖サンクチュアリのちょうど中間あたりにあるマガンのテラス。
P3050201


ここから湖を見ていたところ、上空を頻繁にガン類(今日は主にマガン)の群れが見られました。
P3050102


P3050099


お腹に黒い縞模様が見えるのはマガンです。
P3050082


エゾノバッコヤナギの冬芽が割れて白い綿毛が見えていました。
春を感じます。
P3050108


風が吹くと一気に寒さを感じることがありますので、体温調節のしやすい服装でウトナイ湖散策をお楽しみください。
P3050044



(和歌月)