鳥インフルエンザ拡大予防のための巡回調査を
3月8日(木)14:00~15:00に実施しました。

調査範囲は道の駅前湖岸~ハクチョウの小径~ウトナイ湖岸観察小屋までです。
記録する対象は、水鳥および水辺を利用する鳥、ワシタカ類です。

結果、異常はありませんでした。

確認できた種類は以下の通りです。
ヒシクイ、マガン、コブハクチョウ、コハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、カイツブリ、ダイサギ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ 計18種


この日の湖の様子。
手前の白い所が氷で、対岸側の黒っぽく見える所が水面です。
P1120376

暖かい日が続いているため、湖面の氷が拡がっています。

距離は遠いですが、氷がとけている部分は、カモの仲間でにぎわっており、
マガン、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモがそれぞれ100羽を超える数で飛来していました。

また、この日はコハクチョウを初認。

ワシたちも多く、オジロワシ10羽、オオワシ12羽を確認しました。

3月は渡りの季節。今だけのにぎわいをお見逃しなく。


瀧本