3月ももうすぐ終わり。
ウトナイ湖は、湿地でエゾアカガエルがキュルキュル鳴いて産卵し、陸上でハシブトガラなどがさえずり、ハンノキは開花、フキノトウの芽を出し、湖面の渡り鳥以外でもにぎわいを感じられるようになってきました。
そんな時期のガンの状況をお伝えします。

3月30日以前の記録は下のリンクをご覧ください。

3月2日  ウトナイ日記3月2日カウント結果
3月6日  ウトナイ日記3月6日カウント結果  
3月9日  ウトナイ日記3月9日カウント結果
3月13日 ウトナイ日記3月13日カウント結果
3月16日 ウトナイ日記3月16日カウント結果
3月20日 ウトナイ日記3月20日カウント結果
3月23・27日 ウトナイ日記3月23・27日カウント結果

さて、3月30日のカウント結果ですが、
3800羽前後
を確認しました。

少し増えた!

戻って来たのか、ウトナイよりも南から来たのかは不明です。

今日の朝は晴れていて、とてもきれいな朝焼けでした。
P3300710

ガンたちが群れていたのは湖の東側。
P3300761


湖中央にはコハクチョウたちがいました。
P3300736


さて、お伝えしてきたガンカウント調査結果ですが、今回で今季最後になります。
調査終了です。

次にウトナイ湖がガンたちでにぎわうのは、9月ぐらいからの秋の渡り。
ロシアから本州に南下してくる時期です。
その時には、2019年生まれの子供たちもいっしょにやって来ます。初来日です。

これだけガンでにぎわう場所は、日本全国でも数は多くありません。
このウトナイ湖の魅力を色々な方に知っていただければと思っています。


文:瀧本
写真:和歌月