連日曇りや雨模様のウトナイですが、昨日の午後雨がやんだ後の観察路を歩いてみました。

まず、バリアフリー自然観察路の木道でシマリスが出迎えてくれました。
DSC05971


夢中で何かを食べています。
DSC05985


今度は木の枝をつかんで、もぐもぐタイム。
5分間ほど愛くるしい姿を見せてくれていました。
DSC05984


木道脇にはノコギリソウが咲いていました。
DSC05965


トンボエダシャクと思われるきれいなガの仲間がホザキシモツケの花にとまっています。
DSC05963


エゾニワトコの実が真っ赤に色づいています。
DSC05986


「ハスカップの小径」ではイボタノキが白い花を咲かせていました。
DSC05990

DSC05988


ヤマグワの実も熟したものが多くなってきました。
DSC06009


オタルマップ川に架かる橋にもたくさんの実が落ちています。
DSC06004


橋の上でキタキツネのものと思われる糞で吸水行動をしていたキマダラヒカゲの仲間(チョウ)。
雨の後なので、糞がちょっと生々しくてすみません(^_^;)
DSC06023


ズミの実が赤く色づき始めました。
DSC06016


ツリフネソウやトモエソウが開花しました。

ツリフネソウ
DSC06011


トモエソウ
DSC06018


キビタキやウグイスなどのさえずりも聞かれました。
アカハラやアオジも姿をみせてくれました。
センダイムシクイの幼鳥たちも飛び回っていました。

ホザキシモツケの花もまだまだ見頃です!

是非、ウトナイ湖の周辺を散策して、今の季節しか見られない自然を満喫してください。
(山浦)

※ウトナイ湖および周辺観察路の動植物(昆虫を含む)の採取はできません。