ウトナイ湖では10月から3月まで、高病原性鳥インフルエンザの感染(拡大)予防対策として、定期的に巡回調査を行なっています。

12月5日14時00分~15時00分に巡回調査を実施しました。
調査の範囲は、湖北岸の観察路の「湖岸の観察小屋(湖東側)」から「道の駅(湖西側)」までの間から見える範囲です。
水辺の野鳥の種類と数を記録し、異状の有無を確認しました。

結果、異状はありませんでした。

確認できた種類は次の通りです。

マガン、コブハクチョウ、オオハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、アメリカヒドリ、マガモ、オナガガモ、コガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ダイサギ、オジロワシ、オオワシ、チュウヒ

1

最も数が多かったのがマガモの252羽、次いでオオハクチョウ108羽でした。
また、ワシもオジロワシとオオワシの2種類をみることができました。

2

写真はオジロワシ。よく木の上や氷上にとまっています。

カモが群れていた場所は、美々川が流れ込む湖の東側。
湖岸の観察小屋から良く見える場所ですので、お立ち寄りの際は、そこから観察してみるとよいかもしれません。
3



瀧本