本日(2日)午後2時~3時に「イソシギのテラス」~ハクチョウの小径~「道の駅」前湖岸を巡回し、状況を把握しました。冷え込みはないものの、強い風が吹き、湖面は波立っていました。

 確認した水鳥とワシ・タカ類は、コブハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、ホシハジロ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、トビ、オジロワシ、オオワシ、チュウヒでした。(中村S)

イソシギのテラス
「イソシギのテラス」の周辺は、まだまだ枯れ野。手前にカワアイサが2羽いるのみ

船着き場
こちらは船着き場。カモ類は遠くに浮かんでいるが、波立っているので見つけにくい

「野鳥と高病原性鳥インフルエンザ」についてはコチラもご覧ください

私たちの活動をご支援ください。ウトナイ湖ファンクラブのご案内はコチラをどうぞ