今日のウトナイ湖は風が強く、肌寒い一日でした。
にもかかわらず、散策路はどんどん緑が増えてきています。
散策路


枝先では、風に揺られながらアオジがきれいな声でさえずっていました。
アオジ2


「ハスカップの小径」の木道の様子です。
木道


木道脇にオオアマドコロが咲いていました。
オオアマドコロ


「オタルマップ川」の橋の近くでは、ミツバツチグリが開花していました。
ミツバツチグリ


つい先ほどまでつついていたと思われる真新しいキツツキの食痕を発見。
アカゲラでしょうか。
左右対称に同じように穴が開いているのが不思議です。
キツツキ食痕


林の中では相変わらずウグイスやセンダイムシクイなどの野鳥のさえずりが賑やかです。
葉が出始めて野鳥の姿を確認するのはだんだん難しくなってきましたが、その代わりに新緑の美しさといろいろな花の開花が楽しみな季節になりました。

(山浦)