皆さまこんにちは、見習いレンジャーのタイチです。

4連休真っただ中、いかがお過ごしでしょうか?
本来東京オリンピックが開幕していたはずの連休ですね。そういわれると少し体を動かしたくなります。

さて、最近のネイチャーセンター周辺の動植物の状況ですが、複数の来館者の方がシマリスを目撃しています。エゾリスに比べ観察距離が近く、気づいたら目の前に!なんてこともあるのでカメラ・双眼鏡を構えつつゆっくり歩きましょう。油断して全然関係のないことを考えているときに限って、見たいものが出てくるものです。

ネイチャーセンター周辺で見ごろの植物を一つ
IMGP2943

ノリウツギの真っ白な装飾花が見ごろですね。中村チーフ曰く「今年のノリウツギは特にきれいだ!」とのことです。嬉しそうにカメラ片手に出かけていきました。

さて、私は館内の資料整理をすることが多いのですが、よく聞かれるフクロウについてまとめてみました。フクロウという名前ですが、フクロウ科の仲間全般を指してフクロウと呼ばれることが多いのですが、「フクロウ」という種もちゃんと存在します。

2009~2019年の間に観察されたフクロウの仲間ですが、フクロウが8回、コミミズクが4回となっております。レンジャーが出勤し記録をつけた回数が約2700回なので確率的にはものすごく低いということですね。ですが、フクロウを狙って見ようとしていたわけではないですし、夜間に観察もしていないので、あくまで参考ということで。実は毎晩、当館の近くの枝にとまってこちらを見ている可能性も、ないわけではありません。そう考えただけでワクワクします。