カテゴリ: 自然

お盆が過ぎましたが、まだ雨模様のウトナイです。
様々な植物が咲いていました。

ナガボノシロワレモコウの長細い白い花は、昆虫たちに大人気です。
P8210481


足元を見ると小さなな花が咲いています。
まずこちらは、ミゾソバの花。
葉っぱの形が特徴的です。
P8215012


こちらの白い小さな花は、アキノウナギツカミです。
インパクトのある名前の通り、全体を触ると何かひっかかるような感触です。
P8210484


さて、観察路で、ピンク色の花がよく見られました。

エゾカワラナデシコ
P8215022


ツリフネソウ
P8210495


観察路をピンク色でにぎわせてくれていたホザキシモツケの花はもう終わりのようです。
P8210476


しかし、よく見るとまだピンク色が。
P8210475



日に日に、植物の変化が見られています。
林の中では、背丈が高く、大きな手のような葉が特徴のオオハンゴウソウが開花していました。
P8210493


また、秋を感じるエゾリンドウのつぼみが見られました。
P8210488


今の時期、観察路でよく見られる昆虫。

ジャノメチョウ
P8215005


セスジイトトンボ
P8210480


センチコガネ
P8210501


今しか見られないウトナイの自然をぜひ見にいらしてください。

和歌月

※観察路を歩く際は、ぬかるみ等があるので長靴をおすすめします。また、蚊が発生していますので、ご注意ください。
※観察路での動植物(昆虫を含む)の採取はできません。

ここ最近、雨続きのウトナイです。
本日は、つかの間の曇りの時間に観察路に出ました。

湖には、怪我などの原因で渡りをしないオオハクチョウが水草を食べている姿が。
P8144771


観察路の木道脇にミゾソバの小さな花がひっそりと咲いていました。
P8140377


木道を乗り越えるほど伸びたノコギリソウの花。
P8140361


さて、最近咲き始めた黄色い花。
弟切草と書いてオトギリソウです。
P8140383


同じく黄色の花ですが、長細い形をしているキツリフネです。
こちらも今が見頃です。
P8140384


草地などでヒラヒラと舞っていたのは、ジャノメチョウ。
黒い目のような模様が特徴です。
P8144768


木道の上にチラホラ落ちていた、特徴的な形をした実。
マユミの実です。
赤くなる前に、落ちてしまったようです。
P8140363


落ちてしまった実も生き物たちに人気のようです。
P8140367


こちらは、春に白い花を咲かせていたミヤマザクラの実です。
P8144796


さて、ひときわ目立つ赤い実は、エゾニワトコ。
こちらも昆虫にも人気の実のようです。
P8144775


その横では、8月初めまで勢いがあったオニシモツケの葉が茶色くなっていました。
P8140369


つかの間の曇りのためか、野鳥が活発に動いていました。
ウグイス、センダイムシクイ、メジロ、シジュウカラなどが、鳴きながら木々を移動していました。

ウグイス
P8144764


センダイムシクイ
P8144740


メジロ
P8144731


さて、水分を含んだ土壌には、きのこがはえておりセンチコガネなどの昆虫が集まっていました。
P8140389


雨で湿った木道や土道は滑りやすくなっていますので、ウトナイ湖の観察路を歩かれる際は十分注意して散策ください。
P8140368


(和歌月)

※蚊が多く発生していますので、十分に虫よけ対策をして散策ください。




先週の暑さが一転、ここ数日20℃前後の気温のウトナイです。
本日は風が強く吹いていました。
P8074565


さて、観察路の植物も見られるものが、あっという間に変化しています。
野生鳥獣保護センターのバリアフリー木道の入り口付近には、エゾカワラナデシコが咲いていました。
P8074567


また、ハスカップの小径では、ヒヨドリバナの開花が見られました。
P8074552


そして、観察路のいたるところでみられるキンミズヒキの黄色い花。
P8074553


また、クサレダマ(草連玉)の黄色い花も見頃です。
P8074544


さて、先週まで黄色い花が見られていたトモエソウはすっかり花びらが落ちていました。
P8070116


白いホワホワが特徴の、ナガボノシロワレモコウの花も咲き始めました。
P8074535



さて、オタルマップ川手前の木道付近には、緑色の球体が。
P8074550


ケヤマウコギのつぼみです。
P8074549


オタルマップ川の水量は多くなく、穏やかに流れていました。
P8074548


さて、本日木道でよく見られたのは、
「ひょっこりはん」
P8070096

ニホンカナヘビでした。
細長い尾が見えたと思ったら、突然動き出すニホンカナヘビでした。

さて、イヌゴマの花にも、、、
「ひょっこりはん」
P8074540

さて、どこかというと、ここでした。
オオチャバネセセリ(チョウ)が隠れていました。
P8074543


観察路を歩いていると、様々な生き物にひょっこり出合うことができます。

※ウトナイ湖観察路での動植物(昆虫を含む)の採取・捕獲はできません。


最後にイベントのご案内です。

道の駅ウトナイ湖隣接の「ウトナイ湖野生鳥獣保護センター」では、
観察路に設置されたクイズを解く「ウトナイ湖・夏のウォークラリー」イベントを開催中です。
日時は、8月19日(日)までの、土・日・祝日の午前10時~午後4時まで。
8問ある自然の問題に挑戦してみてください。
参加賞と全問正解賞をご用意してお待ちしております。
事前の申し込みは不要です。参加される方は、上記の時間内に保護センター館内の受付へ直接お越しください。
詳細はこちらウトナイ湖野生鳥獣保護センターイベント案内
皆さまのご参加をお待ちしております。


(和歌月)


久々に晴れ渡ったウトナイです。
P7244233


植物や昆虫が活き活きしていました。
野生鳥獣保護センター周辺のバリアフリー観察路では、トモエソウが咲いていました。
P7244231


小さな白い花のシロネも咲いていました。
P7244235


木道には、シオカラトンボが見られました。
P7244252


また、ハスカップの小径では、エゾノサワアザミが咲いていました。
P7244216


オタルマップ川のヤマグワは、まだ実が残っていました。
P7244223


そのため、本日もヤマキマダラヒカゲやサトキマダラヒカゲ(チョウ)がヤマグワの熟した実に集まっていました。
P7244222


暖かな気温に誘われたのか、木道にキビタキが降りていました。
P7244243


P7244243t


ノコギリソウの花もよく見られます。
P7244251


とてもさわやかな気候でしたが、林の中は蚊が多く飛んでいました。
観察路を歩かれる際は、服装などお気を付けください。
P7244215


夏のウトナイ湖をぜひお楽しみください。
P7244214


(和歌月)

雨模様が続いた天気も落ち着き、本日は曇り空のウトナイです。
気温も上がり、少し汗ばむ気候です。
林の中は、葉がうっそうと茂っています。
P7184157


今日はチョウのサトキマダラヒカゲやヤマキマダラヒカゲが多く見られました。
お目当ては、ヤマグワの熟した実のようです。
P7180049


オタルマップ川の橋でも、落ちたヤマグワを吸っています。
P7180046


観察路を歩くと舞い上がるほどです。
さて、どこにいるでしょうか。
P7180027a


こんなに沢山集まっていました。
P7180027b


また気になるのは、哺乳類の糞が多く見られたことです。
ヤマグワの実の落ちている付近によく見られました。
よく見ると小さな粒粒が見えるので、この哺乳類もヤマグワの実を食べたのでしょうか。
そして、糞は昆虫に大人気です。
P7180087



ヤマグワの実がもたらす恵みの連鎖を感じました。
P7184161

P7184162


さて、ヤマグワのほかにも、木の実が目立ち始めています。

真っ赤なエゾニワトコの実。
P7184137


昨年はあまり見られなかったマユミの実。
今年はたくさん見られています。(まだ緑色の仮種皮です。)
P7180086


ハスカップの小径入り口のイボタノキは白い花が咲いていました。
秋には、紺色の木の実が成ります。
P7184144


ピンク色のノコギリソウの花が咲いていました。
P7184175


オニシモツケの花は終わりごろのようです。
P7184173


さて、観察路のホザキシモツケは、まさに見頃!!となっております。
P7180067

昆虫に大人気です。
クジャクチョウがとまっていました。
P7184207


そのほかにも、林の中では、クロヒカゲ(チョウ)
P7184156


モモスズメ(ガ)などが見られました。
P7184146


また、野鳥も活発に活動しており、ハシブトガラが多数、枝と枝を行ったり来たりしていました。
P7180064


また、ゴジュウカラも見られました。
P7180056


その他にも、アオジやキビタキが確認できました。

さて、林の中で走っていたのは、
シマリスでした。
P7180040



ぜひ、今しか見られない夏のウトナイ湖の自然を見にいらしてください。
※蚊が飛んでいますので、観察路を歩かれる際はお気をつけください。

(和歌月)

↑このページのトップヘ