カテゴリ: 自然

ここ数日、雨が降ったり、日中プラスの気温になったりすることが多いウトナイでは、凍っていた湖の氷が一部解け、だいぶ水面が広がりました。
P1104436



氷上と水辺を行き来するオオハクチョウたち。
今日は、比較的近くで、幼鳥の姿も確認することができました。
P1104438


雪ではなく雨が降ったため、観察路は路面凍結している箇所がありますので、通行される際は足元に十分お気を付けください。
P1102115


広場の水たまりは、小さなスケートリンクのようです。
P1102116


ウトナイ湖野生鳥獣保護センターのバリアフリー観察路の、木道部分は地面が見えていました。
P1102117


あずまやから勇払川河口方面を見るとダイサギがいました。
さて、何羽いるでしょう?
P1104430


写真右から数えると、11羽に見えるのですが、、、、、、


実は、一番左側、片足立ちのダイサギが2羽重なっていますので、全部で12羽でした。


今日は、ワシたちも活動的で、バリアフリー木道の真上を、オジロワシが1羽通過していきました。
その数秒後、カラスとともに、もう1羽オジロワシが通過していきました。
P1104459


ハスカップの小径では、積雪は多くなく、一部地面の土や、ササが見えていました。
P1102123


静かな林の中にアカゲラが木をつつく音が響いていました。
P1104507


林の上空にもオジロワシが旋回する姿を見ることができました。
P1104514


寒い季節ですが、ウトナイ湖で野鳥観察を楽しまれてはいかがでしょうか。
観察路を歩かれる際は、足元に気を付けて、ご通行ください。

(和歌月)

昨日24日の月曜日に、8℃ほどまで気温が上がったウトナイは、本日は一転してマイナスの気温です。
強い風の影響か、低い気温にも関わらず、ウトナイ湖の西側に位置する道の駅ウトナイ湖前の岸辺から、オタルマップ川の河口付近まで広く水面が見られました。
PC261983


しかし、東側へ歩きマガンのテラスから見えるウトナイ湖は、凍り付いていました。
PC261990


ハスカップの小径は、雪解けしているように見えましたが、固まった氷の上に、粉雪がのっている箇所がありました。
PC261988


氷の上に粉雪がのっているため、歩きやすそうに見えますが、滑りますので十分お気を付けください。
PC261986


野生鳥獣保護センターのバリアフリー木道と、ハスカップの小径~マガンのテラスへ向かう木道は、今のところ積雪は少なく歩きやすいかと思われます。

野生鳥獣保護センターのバリアフリー木道
PC261984


ハスカップの小径~マガンのテラスまでの木道
PC261989


本日は、オオハクチョウの成鳥(白い羽)と幼鳥(灰色の羽)が見られました。
PC264249


また、マガンのテラスからは、湖面上に飛ぶオオワシの姿も見られました。
PC264310


風が強い日や、気温が低い日に観察路を歩かれる際は、万全な防寒対策の上、冬のウトナイ湖をお楽しみください。

(和歌月)





連日冷え込むウトナイです。
この時期は、写真に色があまりなく、毎回同じような風景に。
本日も、ウトナイ湖は、
PC191962

真っ白でした。結氷した上に雪が重なっています。




道の駅ウトナイ湖前は、勇払川の流れのおかげで、水面が出ていました。
PC191959

「ん?写真左側の黒い小さな点は、まさかオオワシ?!」
と思われた方すみません。
ハシブトガラスでした。
ですが、本日オオワシは対岸の木の枝や、凍った湖の上に座っている姿が見られました。

野生鳥獣保護センターのバリアフリー木道は、ハシブトガラの人気スポットのようです。
PC194198

PC194195


ハスカップの小径の木道。
滑らないように気を付けて、ご通行ください。
PC191968


オタルマップ川で見られたアート作品?!
PC194201


昨年に比べて目撃される頻度が高いあの鳥がいました。
「私はだれでしょう」
PC194220


ヒントは、「声が大きい」です。




正解は、
PC194221

カケス(亜種ミヤマカケス)でした。
野生鳥獣保護センターや道の駅ウトナイ湖の駐車場付近で3羽ほどが見られました。
カラスの仲間で、声はしわがれたような「ジェー!ジェー!」
頭部のオレンジ色と、青い羽が美しい鳥です。


気温が低い日は、暖かい服装でご散策ください。

(和歌月)


昨日11日の月曜日は朝方に大雨が降り、日中は気温が8℃まで上りました。
しかし本日は、気温がマイナスに戻り、昨日の雨で雪が解けきらなかった場所が路面凍結しています。
PC121915


特に木道や駐車場付近では、凍結した氷の上に、雪が重なっていることもありますので、歩かれる際は十分お気を付けください。
PC121916


結氷したウトナイ湖の上に降った雪も、さらに凍り付いていました。
PC121917


バリアフリー木道の周辺のハンノキには、本日もハシブトガラやシジュウカラが集まっていました。
ハンノキの実をつつくハシブトガラ。
PC124149


ハスカップの小径は、一面の雪景色でした。
PC121920



オタルマップ川
PC121926


マガンのテラスに向かう途中の木道も滑りやすくなっていますのでご注意ください。
PC121927


ウトナイ湖は、勇払川の河口方向が解けていました。
オオハクチョウがまるまって休んでいましたが、午後になり、開いた水面を泳いでいました。
灰色の幼鳥も見られました。
PC124133


エゾシカの足跡も見られました。
PC121912


観察路を歩かれる際は、足元に十分お気を付けください。

(和歌月)


昨晩から降り続いた雪。
一晩で景色がガラッと変わりました。
PC051868


ウトナイ湖は一部氷が張り、そのふちに、オオハクチョウたちが集まっていました。
PC051871

PC051873


ウトナイ湖野生鳥獣保護センターのバリアフリー観察路は、通行できるよう除雪をしてますが、観察路を歩かれる際は、長靴をおすすめします。

PC051876

PC051884


苫小牧は、太陽が顔を出し、風もほとんど感じられず、暖かく感じました。
PC051881


保護センター周辺に来ていたシジュウカラ。
PC051888


よく見ると、ニシキギの実を、くちばしにくっつけた(さした)まま、ちょこちょこしていました。
PC051898


気温が下がった際は、路面凍結している場合もありますので観察路を歩かれる際は、気を付けてご散策ください。

(和歌月)

↑このページのトップヘ