カテゴリ: 自然

皆さまこんにちは。見習いレンジャーのタイチです。

予想最高気温が30度に近い日が続いておりますが、ウトナイ湖付近の林内は涼しく散策に適した日和です。しかし、ダニが気になる季節になりましたので、なるべく肌の露出を避けた服装でお越しください。某チーフレンジャーは人には言えない、恥ずかしい部分を刺されたことがあるそうですよ。そんな話にビビッて、私は完全防備です。養蜂家みたいな恰好で歩いているおじさんがいたら、それは私です。

さて、前回のブログに指摘が入りましたので訂正をさせていただきます。アヤメの仲間はウトナイでは自生しないと書きましたが、ヒオウギアヤメがこれから咲くそうです。マガンのテラス~ハクチョウのデッキ付近でよく見られる、ということです。失礼いたしました。しっかり勉強しなければいけませんね。

ウトナイ湖サンクチュアリでは花の季節が続いております。黄色の花が多いのですが今日はその中の一つをご紹介します。
IMGP0697

上の画像はヤナギトラノオというサクラソウ科の植物で寒冷地の湿地に自生します。まさにウトナイのような環境を好む種でしょうか。他には黄色い花としてオオダイコンソウ、ハナニガナ、ミツバツチグリなどが見ごろとなっています。

野鳥に目を移すと、ここ数日でエゾセンニュウの声が大きくなりました。ネイチャーセンターは「ジョッピンカケタカ」の大合唱に包まれ、いつも以上に防犯意識が高まっております。ですが、まだ姿を見ることができていません。ベテランカメラマンの皆さまも「姿が見えない...」とぼやいています。

声は聞こえるけど姿が見えない鳥ツートップのもう一角はイカルです。「イカルを見たいんですけど、なかなか見えないんですよねぇー」と先輩レンジャーに相談したら、「窓の近くにイカルを置いとけば会いにくるんじゃない?」(適当)との回答が。早速イカルを窓辺に設置しました。
IMGP0858

これでイカルが見られるはず! 先輩レンジャーの言うことに間違いはないはずです。

皆さまこんにちは。見習いレンジャーのタイチです。

まずは、最近観察したものです。
IMGP0249

カキツバタの花にとまるベニシジミ。
カキツバタは湿地を好む花で、ハナショウブとよく似ています。もう一つ似ている種としてアヤメが挙げられますが、アヤメは乾燥地を好む為、ウトナイ湖の水辺では観察されません。カキツバタとハナショウブ、識別のポイントは花弁の中心に入る色?みたいですね。白だとカキツバタ、黄色であればハナショウブということらしいです。間違っていたらご指摘ください。
IMGP0286

そしてコウライテンナンショウの仏炎苞(ブツエンホウ)。
白い縦筋が特徴です。これは花ではなく葉が変形したもので、ミズバショウの白い部分と同じですね。中にゆったりと納まっているのは花序になります。茎の模様しかり、独自のスタイルを確立していますね。うらやましい限りです。

さて、先週末は久しぶりの開館となりました。
特に日曜日は大勢の来館者の方で賑わい、久しく来ることのできなかった常連さんの姿もちらほらと見かけることができました。また、長年解説のボランティアをしていただいている面々も続々登場、皆さんお元気そうでホッとしました。

一つウトナイでは珍しい種として、6日(土)にクロハラアジサシがイソシギのテラスで確認されました。写真撮影をしていた方がレンジャーに質問し中々答えが出せずにいましたが、解説ボランティアのKさんが最終的に答えを出してくれました。私はてっきり「ハラグロ」アジサシだと思い込んでいて連呼してたら、いやいや、それはタイチさんでしょーいっしっしーと言っている人もいましたね。差し入れありがとうございました。

林内の鳥は葉によって見づらくなってしまいましたが、先日のブログでお伝えしたバードバスにはたくさんの野鳥が水浴びに来ています。是非今週末も皆さま遊びに来てください。お待ちしております。

(中村T)


雲一つない青空、まぶしいほどの新緑、心地よい風。
きょうは、絵にかいたように爽やかな1日でした。
この時期は、白い花がよく見られます。

DSC_0108
こちらは、ほぼ満開となったズミ。非常によく似たエゾノコリンゴと思われる木もあります。

DSC_0140
その名もシロスミレ。湖岸の自然観察路で見かけます。


白いのは花ばかりではありません。


DSC_0144
こちらは、イヌコリヤナギのふわふわ。タネに綿毛がついています。

クロツグミやキビタキ、センダイムシクイのさえずりが流れるウトナイ湖へ、ぜひ、どうぞ。(中村サトシ)

臨時休館中のネイチャーセンターは、6月より時間を短縮して開館再開。初日は6月6日(土)です。詳細はコチラをご覧ください。

私たちの活動をご支援ください。ウトナイ湖ファンクラブのご案内はコチラをどうぞ。

ウトナイ湖周辺は、風が冷たく、肌寒いです。
霧雨も降り、湖は幻想的に。
写真の対岸にうつる白いものは、1年中見られるコブハクチョウ(外来種)です。
P5245223


寒い中でも、黄色いつぼみが目立っていたハルザキヤマガラシ。
P5245218


セントウソウの白い花が咲いていました。
P5245253


カラコギカエデのつぼみ。花が咲くといい香りがし、昆虫も集まります。
P5245273



ふしぎな形をした葉
P5245235


下から見上げると、ヤマモミジの葉でした。
これから開いていくようです。
P5245241


ホオノキも、芽吹き始めました。
冬芽がペロリとはがれ落ちていました。
P5245304


触ると危険なヤマウルシ(写真の中で茎が赤い植物)も芽吹きました。
P5245244


野鳥は、様々なさえずりが聞こえましたが、葉が出てきたため見づらくなりました。

コサメビタキ
P5245327


アオジ(オス)
P5245357


今週も気温があまり上がらない予報ですので、散策をされる際は服装にご注意ください。

(和歌月)

今日のウトナイ湖は風が強く、肌寒い一日でした。
にもかかわらず、散策路はどんどん緑が増えてきています。
散策路


枝先では、風に揺られながらアオジがきれいな声でさえずっていました。
アオジ2


「ハスカップの小径」の木道の様子です。
木道


木道脇にオオアマドコロが咲いていました。
オオアマドコロ


「オタルマップ川」の橋の近くでは、ミツバツチグリが開花していました。
ミツバツチグリ


つい先ほどまでつついていたと思われる真新しいキツツキの食痕を発見。
アカゲラでしょうか。
左右対称に同じように穴が開いているのが不思議です。
キツツキ食痕


林の中では相変わらずウグイスやセンダイムシクイなどの野鳥のさえずりが賑やかです。
葉が出始めて野鳥の姿を確認するのはだんだん難しくなってきましたが、その代わりに新緑の美しさといろいろな花の開花が楽しみな季節になりました。

(山浦)

↑このページのトップヘ