カテゴリ: 自然

木々の葉が日増しに芽吹き、観察路は色鮮やかさが出てきました。
P5153141


地面を見ると、マムシグサ(コウライテンナンショウ)が伸びていました。
P5153140


マイヅルソウは、見る見る葉が大きくなっています。
P5153143


ハンノキハムシの姿も見られました。
P5153152



観察路の木の上で、さえずっているのは夏鳥のアオジです。
P5157940


さて、同じく夏鳥のアカハラの姿もありました。
P5157912


キタキツネの小径で落ち葉を掘り起こしていたのは、夏鳥のクロツグミです。
P5157936


上を見上げると、小さな鳥が。
クリクリお目目の夏鳥のコサメビタキがいました。
P5157947


さて、タスオ池で水を浴びまくり!なのは、
P5157987


チヨ・チヨ・ビー!となく、
P5157982


センダイムシクイでした。
P5157980


木の上にみえるおしり。
P5157928


キビタキのオスでした。
P5157931


最後は、やる気のないヒヨドリ、、、いいえ、木の幹をつついていただけです!
P5158009


ネイチャーセンター周りも新緑が見頃です。
ぜひ、ウトナイ湖へお立ち寄りください。
P5153133


(和歌月)



ganartWC01ganartWC02
 雁ぬり絵たち(1383羽)をウトナイ湖野生鳥獣保護センターに飾りました
WCgooseColoringPicture

ネイチャーセンターでの「第4回雁のいろいろアート展」は4月末で無事終了しました。
素敵なイラストや写真、俳句、レース編み、牛乳パックの工作などなど、42点が集まり、たのしい展示となりました。
参加いただいた皆様、遅くなりましたが、お礼申し上げます。

「雁ぬり絵~ネイチャーセンターに雁行を飛ばそう!~」では、1383羽の雁ぬり絵を天井に飛ばしました。
ネイチャーセンターだけでなく、お隣のウトナイ湖野生鳥獣保護センター(以下、保護センター)にコーナーを設置していただいたおかげで、たくさんの方にご参加いただけました。目標の3,000羽には届きませんでしたが、結構なボリュームでした。
ganartNC
そう考えると、この期間だけでお蔵入りしてしまうのは、もったいない…。ネイチャーセンターでの展示は終了しましたが、できれば展示中に来られなかった方にも見ていただければ…と、相談したところ、「雁ぬり絵」を保護センターでも飾らせていただけることになりました。

自分のぬった絵を探しに、是非、保護センターへお立ち寄りください。


さて、季節が前後しますが、春のウトナイ湖周辺の顔ぶれを紹介いたします。
rurisijimi180510 ルリシジミ(ハクチョウの小径)
huderinndou180510 とっても小さなフデリンドウ(ハクチョウの小径)

ezotonboSP180510 水の中のエゾヤンマの仲間の幼虫(ヤゴ)(キタキツネの小径)


これから、到着する夏鳥もいます。
新たな出あいを探しつつ、小鳥の「さえずりシャワー」をあびにいらっしゃいませんか。

(小山)

本日は快晴でしたが、風が強く肌寒いウトナイ湖です。
P5083084


観察路の植物は、どんどん葉が芽吹き始めています。
P5083073


地面を見ると、スミレの仲間があちらこちらに咲いていました。
P5087600


4月ごろまで、ふわふわの白い綿毛の姿だったエゾノバッコヤナギも青々とした姿に。
P5087601


さて、ついにハスカップの小径の林も色づき始めたようです。
P5083081


空を見上げるとキタコブシの花が。
P5083077


そして、エゾヤマザクラも見頃です。
P5087634


さて、春となり鳥たちは、活発に動き回っていました。


湖周辺はよくアオサギの姿が見られています。
P5087589


ハクセキレイは地面を歩き回っていました。
P5087673


エナガ(シマエナガ)は、何かの幼虫をくわえて枝を移動していました。
P5087647



そして、春になり渡ってきた夏鳥のアオジ
観察路で頻繁に、さえずっている姿が見られました。
P5087666


同じく夏鳥のセンダイムシクイ
「チヨ・チヨ・ビー!」と元気よくさえずっていました。
P5087613


さてさて、最近到着が確認された夏鳥のキビタキ
縄張りを意識しているのか、同じ範囲で枝から枝へ頻繁に移動を繰り返していました。
P5087630


さて、野生鳥獣保護センター周辺では、夏鳥のニュウナイスズメが活発に動き回っていました。

こちらはオスです。スズメとの見分けは、ほっぺの黒い班がないかを見るとわかりやすいです。
P5087585


そして、メスはオスとずいぶん雰囲気が違います。
P5087571


様々な春の自然が見られますので、ぜひウトナイ湖へお立ち寄りください。
P5087680


(和歌月)


雨模様のウトナイ湖ですが、少し干上がった岸辺に夏鳥のコチドリがきていました。
ちょこまか動いてご飯を探しているようでした。
観察をされるときは、驚かせないように気を付けてください。
P4257366


また、やぶの中をゴソゴソと動いていたのは、同じく夏鳥のクロツグミでした。
P4257386



クロツグミは、4月21日に初認、コチドリは4月22日に初認されています。

すでにオオジシギのディスプレイフライトも聞かれるようになり、夏鳥が続々と渡ってきています。

この後は、センダイムシクイやヤブサメ、アカハラなど。その後、ツツドリやカッコウ、キビタキなどの夏鳥の到着が予想されます。

ぜひ、春のウトナイ湖へお越しください。

(和歌月)

本日はどんより雲がウトナイ湖を覆っていました。
P4242911


ですが、気温は歩きやすい気候で、林の鳥たちがよく動き回っていました。

シジュウカラ
P4247255


ハクセキレイ
P4247246


水際の草地には、ベニマシコ
P4247275


木道の藪をゴソゴソ、、、
ウグイスでした。
P4247316


ジュルッ、ジュルッ、チッと鳴きながら移動するのは、
エナガです。
P4247313


植物も続々と開花中です。

フッキソウ
P4247277


ナニワズ
P4242912


今年は、あまり花が多くない様子のキタコブシ
P4247287


イヌコリヤナギは、カラフルに。
P4242903



アキタブキもどんどん大きくなっています。
P4242899


エゾニワトコも大きくなっています。
P4242904


ハスカップの小径の木道脇には、ノイバラのつぼみがありました。
P4242909
P4242908



さて、先週になりますが、21日の土曜日には夏鳥がネイチャーセンター前に顔を出していました。

バードバスで水浴びするメジロ(メジロさん、お水少なくてごめんなさい。)
P4217237


アオジ
P4207167


そして、前にもご紹介したカワラヒワ
P4207159



一年中みられるヒヨドリは、エゾノバッコヤナギに夢中でした。
P4207147


ゴールデンウィークは、もうすぐそこです。
ぜひ、ウトナイ湖へ春のお散歩にいらしてください。

(和歌月)

↑このページのトップヘ