カテゴリ: 自然

10月も残るは3日。ウトナイ湖の気温も0℃を下回る日がでてきました。先日10月25日は今季初の雪が降り、地面もうっすらと雪化粧。翌日には溶けてしまい、現在は雪は残っていません。それでも木々の葉はずいぶんと落ち、観察路は落ち葉でザクザク。紅葉した色鮮やかな木がちらほら、誇らしげに立っているものの、その景色は「冬のウトナイ湖」に粛々と移行していっています。
DSC_0098
DSC_0188 - コピー
ハスカップの小径(写真はオタルマップ川周辺)はミズナラ、コナラ、ヤマモミジが色づいて鮮やか(10月22日撮影)


最近のガン類(ほぼ、マガンやヒシクイ)の羽数ですが、10月16日水鳥カウント時では7600羽。10月17日数千~一万羽(小山レンジャーにより、ねぐらとしてのウトナイ湖の利用を確認)。10月23日4000羽近く(野生鳥獣保護センターより対岸付近)。…と、日によって増減の変動はあるものの、概ね毎日、数千羽のガンが秋のウトナイ湖で羽を休めています。日中はキャアキャア、クワクワ、ザワザワ、ととても賑やか。夕方頃になると、隊列を組んで飛んでいく姿も見られます。暖かい服装で、ぜひ秋のガンウォッチングへ。お待ちしております。
DSC_0278
DSC_0425
飛翔するガン類(10月18日午前11時頃撮影)

DSC_0236
葉を落とした木々の中で一際目立つ、ツルウメモドキの実。観察路沿いのいたるところで実っています。野鳥の大好物です

DSC_0355
マガンのテラスより、湖東部を望む。手前は、熟したハンノキの実
(福家)

今日も賑わっているなぁと湖上を眺めていると、背後のズミの藪の中でガサガサと音が。夏毛(赤褐色)から冬毛(灰褐色・耳の先の毛が長め)に生え変わっているエゾリスに出会いました。
DSC_0565
イグチ科?のキノコをくわえて運び、立ち止まってはかじっていました。こちらの存在に気が付くと、木の枝分かれした部分にキノコを置いて離れていってしまいました。後でまた食べにくるのかもしれません。シマリスと違いエゾリスは冬眠をしませんが、秋にはドングリやクルミなど大きい木の実などを土に埋めて貯蔵し、冬の間の食糧とするそうです。

DSC_0625
水鳥のおしくらまんじゅう、背後には紅葉した森、さらに奥には冠雪した日高山脈(右上部にうっすらと。。)
(福家)

昨日は道内各地が冷え込み、ウトナイ湖にほど近い「樽前山」も今朝には真っ白に雪化粧していました。いよいよ秋から冬への季節の移ろいを感じる今日この頃です。

DSC_0259
今朝9時頃には、朝日を背に、ネイチャーセンター上空をマガンやヒシクイのたくさんの隊列が通過していきました。彼らの多くは日中、野生鳥獣保護センターのある、湖の西側で過ごすことが多く、今日は朝10時頃にはおよそ、ガン類を2000羽ほど、ハクチョウ類を200羽ほど、湖上にみることができました。

さて、連日の強風により早々に葉っぱは散ってしまい、湖畔の森も「スカスカした感じ」になってきました。それでも観察路を歩くと赤や黄色に染まった木々はまだまだ健在、とても気持ちの良い秋の散策ができますよ。足元には落ち葉やドングリがザクザク。秋の観察路の様子を少しご紹介します。

DSC_0423
赤と緑のグラデーション、オオモミジ(ハスカップの小径)

DSC_0347
ツルウメモドキの実

DSC_0411
トドノネオオワタムシ(通称『雪虫』)。ウトナイ湖では10月9日に初認。雪虫が飛ぶと間もなく初雪が降るといわれていますが、雪はもうそこの山まできています。

DSC_0469
ヒシクイやハクチョウの群れと、その奥に佇む冬服のみなさん

(福家)

10月に入り、昨日今日と道内各地で大荒れの天気のようです。被害のあった地域の早い復旧をお祈りしております。ウトナイ湖では、雨があまり降らなかったため冠水箇所等はみられませんが、強い風の影響で観察路のあちこちに大小の落枝を確認しています。見つけ次第撤去はしていますが、散策の際は足元、また頭上に十分お気をつけください。

さて、秋も深まり、9月30日にコハクチョウが39羽、初認となりました(オオハクチョウは未到着です)。また同日にはヒシクイが453羽、マガンが316羽確認されています。ネイチャーセンターの中にいても、外で「キャハハンキャハハン」と明るい声で鳴きながらマガンが飛んでいくこともしばしば。夏の間静かだったウトナイ湖が、再び賑わってくる季節を迎えています。

DSC_0132
DSC_0150
ウトナイ湖東部の草原から湖上に飛んできたチュウヒ(湖岸の観察小屋)

DSC_0071
「ツタ」の真っ赤な落葉と、アキアカネ(イソシギの小径)

DSC_0166
ススキのゆれる草原(草原の観察小屋から、湖岸の観察小屋を望む)
(福家)

連休2日目の今日は、すっきりと青空が広がっています。10時の気温は19℃、爽やかな散策日和です。
9/18に初認されたヒシクイ、本日は50羽ほど。マガモやヒドリガモなどとともに道の駅の正面辺りをぷかぷか、春に聞いて以来の「ガハハン ガハハン」という懐かしい声が、穏やかな秋晴れの湖上に優しく響いていました。DSC_0228
ヒシクイとカモの群れ

DSC_0278 (3)
観察路を少し進むと、ほお袋をパンパンにしたシマリスが現れました!道の反対側の藪に消えたかと思うと、しぼんだほっぺで戻ってきました(写真は、しぼんだ後)。シマリスは冬の間200日間ほど冬眠をするので、秋になると冬眠に備えて木の実などを集めるのに大忙し。ちなみに、同じくウトナイ湖畔でよく見られる「エゾリス」は冬眠せず、雪の上を元気に走り回ります。

DSC_0302
まだまだ森は緑です(ハスカップの小径)
(福家)

↑このページのトップヘ