カテゴリ: 自然

気温が高い日が続き、ウトナイ湖の結氷は緩み、雪景色だった自然観察路も地面や木道が見えるようになりました。
P3232749


水面の広がった湖には、水鳥が多く見られました。
ここ最近、大群で見られるオナガガモです。22日は800羽以上見られました。
P3220089t


シロカモメも飛んでいました。
P3220082c


マガンのテラス上空をオオハクチョウが通過し、湖へ降りていきました。
P3230146c


ウトナイ湖野生鳥獣保護センター前の上空では、オオワシの幼鳥が旋回していました。
P3230122


観察路のエゾノバッコヤナギは、白い花穂が顔を出していました。
P3230175


日に日に春の訪れを感じるウトナイへ、ぜひ足をお運びください。
P3232746


(和歌月)




本日(3/20)朝、ガン類のカウント調査をおこないました。
協力してくださったのはボランティアさん3名で、レンジャー合わせて計5名で実施しました。

今日の天気は薄曇り。
P1030535


カウント結果は、数は32000羽前後でした。飛び立ちは5時6分。
P1030537

P1030548


前回と比べて数が減ってしまいました。
今後どのように数は変動していくのでしょうか。


ここでイベント情報です。
まだ申込み数に余裕がございますので、ぜひお申込みください。

「あかつきに雁(がん)を見る会」
日 時 :2017年3月26日(日) am 5:00~6:30
 
*悪天時も決行
集 合 :ウトナイ湖サンクチュアリ/ネイチャーセンター
対 象 :どなたでも (ただし中学生以下は保護者同伴でお願いいたします。)
定 員 :50名(申込み先着順)
参 加 費:1人300円(小学生以上)*モーニングコーヒー(紅茶)、保険料、資料代を含みます。
申 込 み:ネイチャーセンターまで電話または直接。
申込締切:3月25日(土)17:00まで
内 容 :ねぐらであるウトナイ湖で夜を過ごしたガンたちは、日の出とともに周辺の田んぼへ落ち穂ひろいに向かいます。その飛び立ちを、レンジャーの解説付きで観察します。


瀧本

3月17日の朝、ガン類のカウント調査をおこないました。

調査者は、ボランティアさん2名、レンジャー3名に加えて、この日限定で大学生のグループのフィールドアシスタントネットワークの皆さん9名の計14名で実施しました。
P1030345

朝起きると雪が降っていましたが、5時を過ぎにはやみ、何とか実施することができました。
東遠方は晴れていますが、上空はどんより曇り空でした。
調査者の肩やカバンには雪のなごりが…。


調査の結果、数は53,000羽以上、最初に飛び立ったのは5時14分でした。
P1030343

P1030349

P1030350

主に飛び立つ方向は、湖から南方面にあるむかわ方向でした。

なかなか多い数になってきました。
見逃さないようにお気を付けください!


瀧本

本日15時から16時にかけて、鳥インフルエンザの警戒巡回を実施しました。
巡回範囲は、湖岸の観察小屋から野生鳥獣保護センターまでの、湖の北岸です。
特に異常はありませんでした。

本日は、水鳥が多く見られました。
確認できた水鳥およびワシタカ類は次の通りでした。

マガン、ヒシクイ、オオハクチョウ、コハクチョウ、コブハクチョウ、マガモ、カルガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ミコアイサ、オオセグロカモメ、シロカモメ、ダイサギ、アオサギ、トビ、オジロワシ、オオワシ

特に、多かったのはオナガガモでした。
640羽ほど確認されました。
P3162256


しばらくウトナイ湖では姿が確認されていなかったアオサギも飛んでいました。
P3162218



主に見られた場所は、美々川(湖東側)河口部や、勇払川(湖西側)河口部、勇払川への流出部(湖南側)などの解氷面でした。
P3162696


P3162701



(和歌月)

本日(3/15)朝、ガン類のカウント調査をおこないました。
2名のボランティアさんに加え、日本野鳥の会の五反田事務所から出張で来ていた1名、レンジャー3名の計6名で実施しました。ご協力ありがとうございました。

天気は、頭上は晴れていたものの、日が出る方向は曇りでした。
P1030309

ガンたちと真逆の方向にはきれいな月が…。
CIMG9876


調査の結果、数は38000羽ほど。
第一陣の飛び立ちは、5時12分でした。
P1030324

P3151870


今日の日の出は、目に優しい太陽でした。
P1030339

本当に毎回空の表情が違います。


さて、こんな雁を観察するイベントをご紹介いたします。
「あかつきに雁を見る会」は、要申込みですのでお気を付けください。
レンジャーの解説付きで、観察を楽しむことができます。
特にはじめての方にはおすすめです。
お誘い合わせの上、ぜひご参加ください!

「たそがれに雁(がん)を見る会」 
日 時 :2017年3月18日(土) 17:00~18:30
 
*悪天時も決行
集 合 :ウトナイ湖サンクチュアリ/ネイチャーセンター
対 象 :どなたでも (ただし中学生以下は保護者同伴でお願いします。)
定 員 :なし
参 加 費:無料
申 込 み:不要
持 ち 物:カップ(お茶・コーヒー用)、防寒具、長靴、双眼鏡や図鑑など
内 容 :日中は周辺の田んぼで落ち穂ひろいをしていたガンたちが夕暮れとともにねぐらであるウトナイ湖に戻ってきます。数万羽となるそのねぐら入りの姿を楽しみます。
※共催:日本野鳥の会苫小牧支部

「あかつきに雁(がん)を見る会」
日 時 :2017年3月26日(日) am 5:00~6:30
 
*悪天時も決行
集 合 :ウトナイ湖サンクチュアリ/ネイチャーセンター
対 象 :どなたでも (ただし中学生以下は保護者同伴でお願いいたします。)
定 員 :50名(申込み先着順)
参 加 費:1人300円(小学生以上)*モーニングコーヒー(紅茶)、保険料、資料代を含みます。
申 込 み:ネイチャーセンターまで電話または直接。(申込みの締め切りは、各開催日の前日)
内 容 :ねぐらであるウトナイ湖で夜を過ごしたガンたちは、日の出とともに周辺の田んぼへ落ち穂ひろいに向かいます。数万羽となるその飛び立ちを楽しみます。


瀧本

↑このページのトップヘ