カテゴリ: 鳥インフルエンザ

 穏やかな天候となった昨日(16日)は、15時~16時に「道の駅」前湖岸~ハクチョウの小径~「イソシギのテラス」を巡回し、状況を把握しました。確認したのはコブハクチョウ、オオハクチョウ、マガモ、オナガガモ、コガモ、キンクロハジロ、カワアイサ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、コチドリ、オジロワシ。衰弱・死亡個体はなく、異状はありませんでした。

写真1.
「道の駅」展望施設から見たウトナイ湖。木々はまだ、芽ぶいていない

写真2.
双眼鏡と望遠鏡で湖面の水鳥を確認する

 湖面に水鳥の姿はほとんどなく、時おり、上空のオジロワシに驚いたカモ類が右往左往します。一方、「ハクチョウのデッキ」付近では夏鳥のコチドリが確認されました。

写真3.
オジロワシに驚き、上空を飛び回るオナガガモとマガモ

 ガン類やハクチョウ類など、水鳥の渡りがほぼ終わったことで、この巡回調査の報告もこれを以て終了します。昨秋から今春にかけて、高病原性鳥インフルエンザの感染確認などは特にありませんでした。(中村S)


ネイチャーセンターは4月18日より5月6日まで臨時休館といたします。詳細はコチラをご覧ください。

「野鳥と高病原性鳥インフルエンザ」についてはコチラもご覧ください。

私たちの活動をご支援ください。ウトナイ湖ファンクラブのご案内はコチラをどうぞ。


 本日(2日)午後2時~3時に「イソシギのテラス」~ハクチョウの小径~「道の駅」前湖岸を巡回し、状況を把握しました。冷え込みはないものの、強い風が吹き、湖面は波立っていました。

 確認した水鳥とワシ・タカ類は、コブハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、ホシハジロ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、トビ、オジロワシ、オオワシ、チュウヒでした。(中村S)

イソシギのテラス
「イソシギのテラス」の周辺は、まだまだ枯れ野。手前にカワアイサが2羽いるのみ

船着き場
こちらは船着き場。カモ類は遠くに浮かんでいるが、波立っているので見つけにくい

「野鳥と高病原性鳥インフルエンザ」についてはコチラもご覧ください

私たちの活動をご支援ください。ウトナイ湖ファンクラブのご案内はコチラをどうぞ

 一昨日(26日)午後2時~3時に「イソシギのテラス」~ハクチョウの小径~「道の駅」前湖岸を巡回し、状況を把握しました。湖に結氷箇所は見当たらず、開水面が広がっています。

 確認した水鳥とワシ・タカ類は、コブハクチョウ、コハクチョウ、オオハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、トビ、オオワシで、衰弱・死亡個体はなく、異状はありませんでした。

 この日はコハクチョウの群れが、湖の南西部(勇払川流入部の奥)と、美々川流入部で羽を休め、計245羽を数えました。(写真で赤く囲ったところ)
勇払川流入部
湖の南西部。浅瀬となっている。手前が勇払川

美々川流入部
美々川流入部は遠くに見える

 また、「道の駅」横の展望施設の屋上からは、湖と反対側に、雪をかぶった樽前山を望むことができました。
樽前山
湖を見て振り向くと、なだらかな稜線の樽前山の姿が

 特にコハクチョウは、4月に入ってから大きな群れが立ち寄ることがあります。楽しみに待つとともに、監視を続けたいと思います。(中村S)


「野鳥と高病原性鳥インフルエンザ」についてはコチラもご覧ください

私たちの活動をご支援ください。ウトナイ湖ファンクラブのご案内はコチラです

 本日(6日)午後2時~3時に「イソシギのテラス」~ハクチョウの小径~「道の駅」前湖岸を巡回し、状況を把握しました。昨日からの大雪で、かなりの積雪を見ましたが、このところ湖の結氷は確実に少なくなっており、水面が広がりつつあります。

写真1.あずまや前
「あずまや」前のコハクチョウの群れ

 確認した水鳥とワシ・タカ類は、ヒシクイ、マガン、コブハクチョウ、コハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、ミコアイサ、カワアイサ、カイツブリ、ダイサギ、トビ、オオワシで、衰弱・死亡個体はなく、異状はありませんでした。
 ハクチョウ類は、種不明も含め、湖全域で1200羽を越えました。約270羽だったコハクチョウの多くは、野生鳥獣保護センター近くの「あずまや」の前で、同じく約730羽のオオハクチョウは、主に美々川流入部で確認されました。

写真2.コハクチョウの飛来
巡回中にも新たに17羽が飛来した

 ところで本日、「あずまや」前の凍った湖の上に、パンが数個、投げ込まれているのを発見しました。おそらく、ハクチョウたちに与えようとされたのだと思います。もともとハクチョウ類は、主に水草などを食べています。そして湖には、その水草が豊富にあります。食べものは不足していないのです。そこで、皆さんにお願いです。ニンゲンの食べものを与えないでください。水鳥を一箇所に集めてしまうことで、感染症のリスクも高まります。また、カラスやキツネなど、他の動物を誘因してしまうことにもなります。どうぞご理解ください。(中村S)

写真3.投げ込まれたパン
投げ込まれたパン

写真4.パンをくすねたハシブトガラス
それを持ち去るハシブトガラス


「野鳥と高病原性鳥インフルエンザ」についてはコチラもご覧ください

私たちの活動をご支援ください。ウトナイ湖ファンクラブのご案内はコチラです


 

昨日(28日)午後2時~3時に「イソシギのテラス」~ハクチョウの小径~「道の駅」前湖岸を巡回し、状況を把握しました。確認した水鳥とワシ・タカ類は、マガン・コブハクチョウ・オオハクチョウ(16羽・ヨシガモ・ヒドリガモ・マガモ(360羽)・オナガガモ・キンクロハジロ・カワアイサ・トビ・オジロワシ(4羽)・オオワシ(6羽)・カワウ(1羽)・ダイサギ(4羽)で衰弱・死亡個体はなく、異状はありませんでした。
先週22日、マガンが350羽以上ウトナイ湖の上空を通過、ヒシクイが30羽以上ウトナイ湖の凍った湖面に下りていましたが、この日はマガンは1羽だけ美々川の河口付近に下りているのを確認しただけでした。ワシ類は、見られる数が少しずつ増えてきました。

20022803

↑このページのトップヘ