カテゴリ: 鳥インフルエンザ

鳥インフルエンザ拡大予防のための巡回調査を
3月14日(木)15:00~16:00に実施しました。

調査範囲は道の駅前湖岸~ハクチョウの小径~ウトナイ湖岸観察小屋までと美々川流入部です。
記録する対象は、水鳥および水辺を利用する鳥、ワシタカ類です。

結果、異常はありませんでした。

確認された種類は次の通りでした。
ヒシクイ、マガン、コブハクチョウ、コハクチョウ、オオハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、コガモ、オナガガモ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、カワウ、ダイサギ、シロカモメ、トビ、オジロワシ、オオワシ 計20種


天候は晴れ。氷はほとんど解けていて、カモたちは湖全体に拡がっていました。
特に多かったのはオナガガモの約2900羽。
次に多かったのは、コハクチョウ117羽。
P1120684


早朝に万を超える数を見ることができるマガンは、この時間は80羽ほど観察できました。
P3140412

美々川で調査していると、オジロワシの若い個体が真上を飛んでいきました。
P3140445



現在、日中も多くのカモたちを観察することができ、
水鳥の渡りが盛り上がりを見せています。


文・写真 瀧本
写真 和歌月

鳥インフルエンザ拡大予防のための巡回調査を
3月8日(木)14:00~15:00に実施しました。

調査範囲は道の駅前湖岸~ハクチョウの小径~ウトナイ湖岸観察小屋までです。
記録する対象は、水鳥および水辺を利用する鳥、ワシタカ類です。

結果、異常はありませんでした。

確認できた種類は以下の通りです。
ヒシクイ、マガン、コブハクチョウ、コハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、カイツブリ、ダイサギ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ 計18種


この日の湖の様子。
手前の白い所が氷で、対岸側の黒っぽく見える所が水面です。
P1120376

暖かい日が続いているため、湖面の氷が拡がっています。

距離は遠いですが、氷がとけている部分は、カモの仲間でにぎわっており、
マガン、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモがそれぞれ100羽を超える数で飛来していました。

また、この日はコハクチョウを初認。

ワシたちも多く、オジロワシ10羽、オオワシ12羽を確認しました。

3月は渡りの季節。今だけのにぎわいをお見逃しなく。


瀧本



鳥インフルエンザ拡大予防のための巡回調査を
2月21日(木)14:00~15:00に実施しました。

調査範囲は道の駅前湖岸~ハクチョウの小径~ウトナイ湖岸観察小屋までです。
記録する対象は、水鳥および水辺を利用する鳥、ワシタカ類です。

調査の結果、異常は確認されませんでした。

確認された種類は次の通りです。
コブハクチョウ、オオハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、ダイサギ、トビ、オジロワシ、オオワシ 計15種

昨日気温が高かったせいか、湖の氷は解け始めている様子。
P1110456


今日は鳥たちがにぎやかでした。
最も多かったのはオオハクチョウで、成鳥264羽、幼鳥29羽。
次いで多かったのはマガモ167羽でした。

ワシ類も多く、オジロワシ4羽、オオワシ8羽を確認しました。

多かった場所は、美々川が流入して、氷が解けている場所とその周辺でした。

湖岸の観察小屋からズームで見ると、こんな様子。
20190221美々川流入口オオハクチョウ他DSC_0400

ネイチャーセンター駐車場でもオオハクチョウの声が聞こえました。


前回と比べると数が多い結果となりました。
暖かくなってきたため、移動をしているのかもしれません。


瀧本









鳥インフルエンザ拡大予防のための巡回調査を
2月7日(木)14:00~15:00に実施しました。

調査範囲は道の駅前湖岸~ハクチョウの小径~ウトナイ湖岸観察小屋。
記録する対象は、水鳥および水辺を利用する鳥、ワシタカ類です。

結果は異常ありませんでした。
この日の天気は、曇りのち雪

観察できた野鳥は次の通りです。
コブハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホオジロガモ、
ミコアイサ、オジロワシ 計8種

湖はほぼ結氷中。
P2070117


そんな中、湖東側の美々川が流れ込んで氷が溶けている部分でほとんどのカモたちが過ごしていました。ただ、ほとんどが頭を丸めて眠っていました。
P1110370


最も多かったのはマガモ40羽ほどでしたが、前回の178羽と比べて数が少なく、
また、カモの仲間全体でも前回と比べて数が減っていました。
この周辺で少しずつ移動しながら越冬しているのかもしれません。

例年2月はマガンたちの先遣隊が本州から北上して来る時期です。
今年は何日頃に来るでしょうか。


瀧本

鳥インフルエンザ拡大予防のための巡回調査を
1月26日(土)14:00~15:00に実施しました。

調査範囲は道の駅前湖岸~ハクチョウの小径~ウトナイ湖岸観察小屋。
記録する対象は、水鳥および水辺を利用する鳥、ワシタカ類です。

結果、異常はありませんでした。

確認された種類は次の通りでした。
コブハクチョウ、オオハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ホオジロガモ、
カワアイサ、ウの仲間、ダイサギ、トビ、オジロワシ、チュウヒの仲間 

湖岸の観察小屋から湖を見渡すと、ほとんどの水面が白く氷っていることが分かります。
P1110174

P1110170


氷が溶けている美々川流入部分をよく見てみると、
P1110169

頭を丸めて休むオオハクチョウやカモの仲間が見られました。
最も多かったのはマガモ178羽で、次いでヨシガモ、ヒドリガモがそれぞれ30羽程。
今回の調査で確認されたほとんどの水鳥がこの場所に集まっていました。

まとまった量の雪が降ったことで、野鳥たちは食べ物を探しにくくなっていることが予想されますが、サンクチュアリの中でゆっくりと休む様子を観察することができました。


瀧本

↑このページのトップヘ