カテゴリ: 鳥インフルエンザ

ウトナイ湖では10月から3月まで、高病原性鳥インフルエンザの感染(拡大)予防対策として、定期的に巡回調査を行なっています。

12月5日14時00分~15時00分に巡回調査を実施しました。
調査の範囲は、湖北岸の観察路の「湖岸の観察小屋(湖東側)」から「道の駅(湖西側)」までの間から見える範囲です。
水辺の野鳥の種類と数を記録し、異状の有無を確認しました。

結果、異状はありませんでした。

確認できた種類は次の通りです。

マガン、コブハクチョウ、オオハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、アメリカヒドリ、マガモ、オナガガモ、コガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ダイサギ、オジロワシ、オオワシ、チュウヒ

1

最も数が多かったのがマガモの252羽、次いでオオハクチョウ108羽でした。
また、ワシもオジロワシとオオワシの2種類をみることができました。

2

写真はオジロワシ。よく木の上や氷上にとまっています。

カモが群れていた場所は、美々川が流れ込む湖の東側。
湖岸の観察小屋から良く見える場所ですので、お立ち寄りの際は、そこから観察してみるとよいかもしれません。
3



瀧本



ウトナイ湖では10月から3月まで、高病原性鳥インフルエンザの感染(拡大)予防対策として、定期的に巡回調査を行なっています。

11月22日14時00分~15時00分に巡回調査を実施しました。
IMG_2400

湖北岸の観察路の「湖岸の観察小屋(湖東側)」から「道の駅(湖西側)」までの間を巡回し、見える範囲で水辺の野鳥の種類と数を記録し、異状の有無を確認しました。

結果、異状はありませんでした。

水鳥の渡りは落ち着きつつありますが、まだ数百羽を観察することができます。
今回観察した種類は次の通りです。

ヒシクイ、マガン、コブハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、ウミアイサ、カワウ、ダイサギ、オオバン、トビ、オジロワシ、ハクセキレイ 計19種


この日は、マガン243羽が湖中央に群れ、その他の水鳥たちは湖全体に広がって居ました。
magan


カモで一番多かったのはマガモの182羽。
今年の秋の調査結果を振り返ると、まとまった数で見られる種類が変わっており、
水鳥たちが渡って行っていることが分かります。

湖には薄氷が張り始め、いよいよ冬らしくなってきました。


文:瀧本
写真:和歌月


ウトナイ湖では10月から3月まで、高病原性鳥インフルエンザの感染(拡大)予防対策として、定期的に巡回調査を行なっています。

10月25日15時~16時に巡回調査を実施しました。
湖岸の観察小屋から道の駅までの間を巡回し、見える範囲で水辺の野鳥の種類と数を記録し、異状の有無を確認しました。

結果、異状はありませんでした。

見られた野鳥の種類は、
ヒシクイ、マガン、コブハクチョウ、コハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、オナガガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、オジロワシ、チュウヒ 計22種

20191015ウトナイ湖岸観察小屋

写真は湖東側にある湖岸の観察小屋から。
私が担当したこの場所は、スコープが無いとカモが見られない状況でとても静かでした。
ボーっとするには最適かもしれません。

カモが多く確認された位置は、湖中央(ネイチャーセンター正面)~湖西側(道の駅側)でした。
ガンは100羽に満たない数でしたが、ハクチョウ類約400羽、ヒドリガモ約340羽、マガモ約390羽、
オオバン約360羽と、この季節ならではの水鳥たちの群れを確認しました。

合わせて、ウトナイ周辺の森林は色鮮やかに紅葉しています。
20191025紅葉


冬になる前にだけ見られる風景をお見逃しなく!


瀧本

ウトナイ湖では10月から3月まで、高病原性鳥インフルエンザの感染(拡大)予防対策として、定期的に巡回調査を行なっています。

10月18日14時~15時にも巡回調査を実施しました。
湖岸の観察小屋から道の駅までの間を巡回し、見える範囲で水辺の野鳥の種類と数を記録し、異状の有無を確認しました。

結果、次の種類を確認し、異状はありませんでした。
ヒシクイ、マガン、コブハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、トビ、オジロワシ 
計20種を確認し、個体数は合計6000羽ほど。
湖面は、多くの種類と迫力ある群れを楽しめる時期になっています。

ただ、少し距離が遠く肉眼では見づらいことも多いです。
ネイチャーセンターや野生鳥獣保護センターにあるスコープをご利用いただくと、より楽しめると思います。

今回の巡回時には、野生鳥獣保護センター側の湖面に約5000羽のマガンが群れていました。
カウント中に飛び立ち迫力ある光景見せてくれました。
20191019ガン飛び立ち


瀧本




当地では昨年10月から今年3月まで、高病原性鳥インフルエンザの感染(拡大)予防対策として、定期的に巡回調査を行い、結果、感染は確認されませんでした。

そして、ガン・カモ類、ハクチョウ類など水鳥の渡りシーズンを迎えた10月から、巡回を再開しました。当面は月3回程度を予定しており、結果は関係機関に報告して情報を共有するとともに、この「ウトナイ日記」で皆さんにもお知らせします。

10月10日は15時~16時に「道の駅」前湖岸、「ハクチョウの小径」などで状況の把握及び視野内でのカウントを行ないました。確認種はマガン、ヒシクイ、ヒドリガモ、ホシハジロ、ハジロカイツブリ、ツルシギなどで、水鳥に衰弱・死亡個体はなく、異状はありませんでした。(中村)

写真1.
マガンは3,730羽以上を確認した

写真2.
この日の天候は晴れ。青空をバックに飛ぶヒシクイ

↑このページのトップヘ