カテゴリ: 鳥インフルエンザ

20160414view0144
 美々川河口から

4月14日の15:00~16:15、ウトナイ湖北岸の巡回を行いました。衰弱・死亡個体等の異常はありませんでした。確認された水鳥は下記のとおりです。

コブハクチョウ・ヨシガモ・ヒドリガモ・マガモ・ハシビロガモ・オナガガモ・コガモ・ホオジロガモ・カワアイサ・カイツブリ・アオサギ・オオジシギ・ミサゴ・トビ・オジロワシ

20160414kannsatu120
 調査中のTレンジャー&Wレンジャー

ウトナイ湖北岸の全域調査のうち、美々川の河口付近でも調査を行いました。
だいぶんカモ類も減ったなあと湖面を眺めていたら、調査時間の最後になってカモの群れが600羽ほど現れ、少し慌てる事態に。マガモが主体ですが、ハシビロガモやカワアイサなども交じり、風で少し波立つ湖面を漂っていました。
また、調査地のすぐ手前でよくワシ類が休んでおり、今回もオジロワシの幼鳥が2羽見られました。

春がやってきたと感じさせてくれる出あいもありました。
20160414nobitaki0582
 ノビタキのオス

20160414yanagiFLOWER661
 バッコヤナギの雄花も花盛り

美々川の河口部分へ到着する前の道で発見。

ノビタキ(初認は4/11)、アオジ(この日4/14初認)、オオジシギ(この日4/14初認)

アオジは地面で採餌をしているものも数羽いましたが、オスの歌声を聞くこともできました。
オオジシギはまだ、ディスプレイ・フライトと呼ばれる独特の飛び方でメスへのアピールは行っていませんでしたが、そろそろ見られるようになるかもしれません。

(小山)

 昨日(6日)は、15時~16時に「道の駅」前湖岸~ハクチョウの小径~「イソシギのテラス」を巡回し、状況を把握しました。確認したのはマガン、コハクチョウ、ヨシガモ、シマアジ、キンクロハジロ、カワアイサ、アオサギ、シロカモメ、オジロワシなどでした。衰弱・死亡個体はなく、異状はありません。
 暖かい日差しのもと、「道の駅」前の水面では、オオハクチョウが時にお腹を上にしながらひっくり返り、水浴びをしていました。水鳥の渡りも終盤。もうしばらく巡回を続けます。(中村)

オオハクチョウのストレッチ

水浴びをした後のオオハクチョウ。首を前に伸ばす


「野鳥と高病原性鳥インフルエンザ」についてはコチラもご覧ください。

活動をご支援ください。ウトナイ湖ファンクラブのご案内はコチラです。

20160327-view0386
湖の様子
20160327-view0386sm
よく見るとカモ類の姿が…ぼやけてあまり見えずごめんなさい

先日3月27日(日)の15:00~16:00に、ウトナイ湖北岸の巡回を行いました。

衰弱・死亡個体等の異常はありませんでした。
確認された水鳥や猛禽類は下記のとおりです。
ヒシクイ、コハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、トビ、オジロワシ、オオワシ、チュウヒ

20160327-oowasi0415
対岸の木にとまるオオワシの成鳥

今年は3月半ばで湖の氷がすっかり融けてなくなったため、ワシ類もオオワシやオジロワシも対岸の岸辺や樹上にしかとまれず、発見しにくくなっています。
この日はハクチョウ類やカモ類が多く、見ごたえがありました。ただし、風が強く、さむかったです。 

20160327-view0391
オオハクチョウ飛翔

 (小山)

20160318mizudoriCviewjpg
 美々川河口から

3月18日の15:00~16:00、ウトナイ湖北岸の巡回を行いました。衰弱・死亡個体等の異常はありませんでした。確認された水鳥は下記のとおりです。

ヒシクイ・マガン・コブハクチョウ・コハクチョウ・オオハクチョウ・ヨシガモ・ヒドリガモ・マガモ・カルガモ・ハシビロガモ・オナガガモ・コガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・ホオジロガモ・ミコアイサ・カワアイサ・カワウ・ダイサギ・トビ・オジロワシ・オオワシ


美々川の河口付近で調査を開始しました。
現地についてびっくり仰天。カモ類がとても多い!
特に多かったのが、オナガガモでついで、マガモ、ヒドリガモ。
その他、これまで鳴りひそめていた?ハシビロガモやコガモ、ホシハジロなどの顔ぶれも見られました。
春の渡りの時期を実感します。
カモは多くが夜間に食事をするようなので、これからどこかへ出かけるのでしょうか?


20160318mizudoriC-TakimotoR
 カモの多さに驚きながら、カウントを行うTレンジャー

逆にねぐらとしてウトナイ湖を利用するため、帰ってくるのがマガンやヒシクイ、ハクチョウ類です。
夕方にかかる調査だったので、オオハクチョウなどが千歳方面から飛来する場面に遭遇しました。
これから夜にかけて、にぎやかさが増すであろうことを予感させる風景でした。 (小山)

 昨日(4日)は、13時~14時に「道の駅」前湖岸~ハクチョウの小径~「イソシギのテラス」を巡回し、状況の把握しました。確認したのはヒシクイ、オオハクチョウ、ヨシガモ、キンクロハジロ、ミコアイサ、ダイサギ、オジロワシ、オオワシなどでした。衰弱・死亡個体はなく、異状はありません。
 昨年同期よりも開氷は進んでおらず、全体の7~8割ほどが結氷しています。そんな中、「道の駅」前に流れ込む勇払川の水面には、幼鳥も混じる17羽のオオハクチョウが見られました。ヒシクイも今季初確認し、水鳥の渡りはこれからが本番。もうしばらく巡回を続けます。(中村)
道の駅前オオハクチョウ
「道の駅」前。左手にオオハクチョウの幼鳥が3羽。からだ全体が灰色。

「野鳥と高病原性鳥インフルエンザ」についてはコチラもご覧ください。

活動をご支援ください。ウトナイ湖ファンクラブのご案内はコチラです。


↑このページのトップヘ