カテゴリ: 鳥インフルエンザ

11月12日の15:00~16:00、ウトナイ湖北岸の巡回を行いました。衰弱・死亡個体等の異常はありませんでした。確認された水鳥は下記のとおりです。

ヒシクイ・マガン・コブハクチョウ・コハクチョウ・オオハクチョウ・ヨシガモ・ヒドリガモ・マガモ・ホオジロガモ・ミコアイサ・カワアイサ・アカエリカイツブリ・カワウ・ダイサギ・オオバン・シロカモメ・セグロカモメ・オジロワシ・チュウヒ

20151112view
日暮れが早くなりました

調査により、この日ウトナイ湖には、マガン4700羽以上、ヒシクイ85羽、オオハクチョウ成鳥52羽・幼鳥12羽、コハクチョウ成鳥8羽・幼鳥2羽が滞在しているのを観察しました。
秋は日中に湖内で休息したり、食事をしたりするガン類が多く、観察にはもってこいです。たまにオジロワシが上空を飛び、ガン類が大きな塊となって旋回する様子も見られることもあり、見ごたえもあります。
この調査の終り頃、美々川河口方向から北東の方向へ飛び去るマガンの群れもいました。

20151112goosebibi
美々川河口方向に集っていたガン類が飛び立った(※)
20151112swan
オオハクチョウの親子(※)  (※写真:松岡レンジャー撮影)

晴れて、風も強くなく調査日和ではあったのですが、日に日に増す寒さと日の入りの早さからか、この日の調査終了時には大分体が冷えました。

早朝には、ネイチャーセンターの駐車場の水たまりや、ボート池にも薄氷がはり、午前中の早い時間にかけては木道にも霜がおり、滑りやすくなっております。
ウトナイ湖へいらっしゃる際は、防寒をしっかりして、足元にもお気をつけてお越しください。 (小山)

先日11月6日(金)の14:00~15:00に、ウトナイ湖北岸の巡回を行いました。

201451106gan

衰弱・死亡個体等の異常はありませんでした。
確認された水鳥は下記のとおりです。
ヒシクイ、マガン、シジュウカラガン、コブハクチョウ、コハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ、ホオジロガモ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、オオバン、ツルシギ、アオアシシギ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、チュウヒ、ノスリ

秋の渡り真っ最中の水鳥たちが、湖のあちこちで食事や休息をしていました。
マガンやヒシクイの最近の動きとしては、昼間、道の駅や鳥獣保護センターから見て右奥の浅瀬に1グループ。美々川河口あたりに1グループがそれぞれ休んでいることが多いようです。

そんな中、オジロワシやチュウヒ、エゾシカ(昨日の日記で福家レンジャーが報告済み)に驚き、湖上を飛び回り、またもとの場所へ戻ったり、別群れへ合流したりしており、なかなか見ごたえのある動きをみせてくれています。


ただ、巡回の際は、水鳥を中心に種類と数をカウントしなければならないので、あまり飛び回られるのも困りもの。動きがないうちに必死でかぞえます。
20151106job
 数える福家レンジャー


調査中にちょっと嬉しい発見。そう、シジュウカラガンです。
 20151106sijyuukara


このようにマガンやヒシクイの群れの中に、シジュウカラガンが1、2羽まじっていることがあるので、じっくり探してみるのはいかがでしょう。 (小山)

10月16日の13:30~15:00、ウトナイ湖北岸の巡回を行いました。衰弱・死亡個体等の異常はありませんでした。確認された水鳥は下記のとおりです。

ヒシクイ・マガン・コブハクチョウ・コハクチョウ・オオハクチョウ・ヨシガモ・ヒドリガモ・アメリカヒドリ・マガモ・カルガモ・ハシビロガモ・オナガガモ・コガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・カイツブリ・アカエリカイツブリ・カンムリカイツブリ・ミミカイツブリ・ハジロカイツブリ・カワウ・アオサギ・ダイサギ・オオバン・オオセグロカモメ・トビ・チュウヒ・ノスリ

20151016view
 ハクチョウの小径の船置き場からオタルマップ川河口を望む。ヒシクイなどがひしめき合っていた(福家レンジャー撮影)

マガンやヒシクイの確認数が多い日でした。
ハクチョウ類も総数では300羽近くおり、湖を眺めると転々と白いかたまりが見えました。
カモ類も種類・数共に多かったです。カモは、エクリプス(メスのような体の模様)のオスが、オスらしい特徴的な羽模様へと徐々に変身してきています。
(小山)

↑このページのトップヘ