カテゴリ: お知らせ

ウトナイ湖 野生鳥獣保護センターでは、夏休みに「夏のウトナイ湖・ウォークラリー」を開催しております。
約500mの自然観察路を歩いて、一周しながら、途中のポイントに設置された夏の自然に関するクイズに挑戦いただきます。ゴールで答合わせをした後、参加賞をお渡しします。


「夏のウトナイ湖・ウォークラリー」

日時 :8月11日(金・祝)、12日(土)、13日(日)、19日(土)、20日(日) 各日 10:00~16:00(受付時間)

開催場所 : ウトナイ湖野生鳥獣保護センター
(所在地:〒059-1365 苫小牧市植苗156-26 / お問い合わせ TEL :0144-58-2231)

対象 : どなたでもご参加いただけます。
申込み : 不要です。受付時間内に、直接野生鳥獣保護センター館内の受付へお越しください。


ウォークラリーの様子です。
夏の自然を感じながら、約500mのコースをお進みください。
ウトナイ日記用1



途中に設置してあるクイズに挑戦です。
ウトナイ日記用2


最後は、受付で答合わせをし、参加賞をお渡しします。
ウトナイ日記用3



皆様のご参加をお待ちしております。



※道の駅ウトナイ湖に隣接の『野生鳥獣保護センター』でのイベントです。
ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンター(植苗150-3)と、お間違いのないようお気を付けください。

(和歌月)

今、ウトナイ湖岸の道沿いで、こんな黄色いものが見られます。

P1050157 - コピー




これからの季節目立ってくる存在です。



ズームアウトしてみると、こんな姿。
P1050157

北アメリカから明治時代に持ち込まれたオオアワダチソウです。
外来種と呼ばれる、元々ウトナイ湖には生えていなかった存在。

彼らは今、その強い繁殖力で分布を広げていて、元々いる植物たちの場所を奪っています。

彼らは人間によって持ち込まれた存在のため、彼ら自身は悪くはないのですが、放っておくとオオアワダチソウだらけになってしまい、元々いた植物たちの姿が見られなくなってしまう可能性があります。

そこで、8月27日(日)オオアワダチソウの抜き取りイベントをおこないます。
題して「ウトナイ湖外来植物バスターズ~オオアワダチソウからウトナイ湖を守ろう~」
抜き取りと自然ガイドの2本立て。
自然を楽しむことから、さらに1歩踏み込んでいっしょに自然を守りましょう!
申込方法など詳細はこちら

お待ちしてます!

(瀧本)

春を迎えたウトナイ湖周辺には、本州以南で冬を越していた夏鳥たちが渡ってきています。
ウトナイ湖野生鳥獣保護センターでは、その夏鳥を観察するイベントを開催します。
日本野鳥の会のレンジャーが観察路を一緒に周り、ご案内します。
キビタキやセンダイムシクイなどの姿と声を楽しみませんか?

夏鳥ウォッチングイベントの様子
広報用写真1.


【ウトナイ湖・夏鳥ウォッチング~美しい姿とさえずりを楽しもう~】

日時:2017年5月28日(日)10:00~12:00
(※プログラムの進行上、終了時間が若干遅れることもあります。予めご承知おきください。)

場所:ウトナイ湖野生鳥獣保護センター及び自然観察路
(所在地:〒059-1365 苫小牧市植苗156-26)

定員:先着20名

対象:どなたでも(小学生以下保護者同伴)

申し込み:ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(0144-58-2231)


もしかしたら出会えるかもしれないキビタキ
P5091635


さえずりを聞くことができるかもしれないセンダイムシクイ
P5091640



みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

※ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンター(植苗150-3)
ではなく、道の駅ウトナイ湖に隣接の野生鳥獣保護センターでのイベントです。お間違いのないようお気を付けください。


(和歌月)

春の大型連休は、緑色の新芽やキタコブシの白い花が咲き始めているウトナイ湖へぜひ足をお運びください。
野生鳥獣保護センターでは、連休中に「春のウトナイ湖・ウォークラリー」を開催しております。

ウォークラリーでは、約500mの自然観察路を歩いて、一周しながら、途中のポイントに設置された春の自然に関するクイズに挑戦いただきます。ゴールで答合わせをした後、参加賞をお渡しします。



「春のウトナイ湖・ウォークラリー」

日時 : 5月3日(水・祝)、4日(木・祝)、5日(金・祝)、6日(土)、7日(日)  各日 10:00~16:00(受付時間)

開催場所 : ウトナイ湖野生鳥獣保護センター
(所在地:〒059-1365 苫小牧市植苗156-26 / お問い合わせ TEL :0144-58-2231)

どなたでもご参加いただけます。
申し込みは不要です。受付時間内に、直接野生鳥獣保護センターへお越しください。


ウォークラリーの様子です。
春の自然を感じながら、約500mのコースをお進みください。
広報用写真1


途中に設置してあるクイズに挑戦です。
広報用写真2


皆様のご参加をお待ちしております。



※ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンター(植苗150-3)
ではなく、道の駅ウトナイ湖に隣接の野生鳥獣保護センターでのイベントです。お間違いのないようお気を付けください。

(和歌月)




3月から続く、「第3回 雁のいろいろアート展」も残すところ、本日を含め4日(4月22、23、29、30日)となってまいりました。
展示している作品は、写真、イラスト、ちぎり絵、アクセサリー、俳句、やじろべえ、刺繍、プリントバッグ、編み物の帽子、陶器、羊毛フェルトマスコットなど計41点。

 昨年の改装工事で展示コーナーができたので、ホールにも展示を
20170416DSC_0232cut

 DSC_0241s

 レクチャールームに写真、俳句、壁掛けなど力作が並ぶ
雁アート展3写真など)


 アート展を目的に来館される方、たまたま来館し開催を知った方など、展示をご覧になった方がたくさんいらっしゃいます。

 一角に感想コーナーを設けています
20170416art-kansou-sm


「まだ見ていない!」という方は、是非ご来館ください!
素敵な、また、かわいらしい作品と、みなさまのお越しをお待ちしております!

現在は、ウトナイ湖では雁はほぼ見られませんが、美唄市の宮島沼では4月21日に75000羽のねぐら入りをカウントしているそうです。
3月の雁の観察イベントでは、生き生きとした姿を見せてくれた雁たちが、無事に北上し、ロシアで無事に子育てができるよう、祈る毎日です。

 3月26日のあかつきに雁を見る会の様子(写真:新谷幸嗣さん)
akatuki-sinyaphoto



(小山)

↑このページのトップヘ