カテゴリ: お知らせ

冬を感じるミニツアー2019mini


ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(道の駅ウトナイ湖となりのセンター)では、2月の土・日曜日、祝日(一部を除く)に、「冬を楽しむミニツアー」を開催しています。

日本野鳥の会のレンジャーや、ウトナイ湖野生鳥獣保護センターボランティアが、周辺観察路をご案内する約30分間のミニガイドウォークです。

冬ならではの、動物たちの足跡や、水鳥のオオハクチョウ、もしかするとオジロワシやオオワシにも出合えるかもしれません。どんな自然が見られるかは、その日のお楽しみです。


〇開催日時:
2月1日(土)、8日(土)、9日(日)、11日(火・祝)、15日(土)、16日(日)、22日(土)、24日(月・祝)、29日(土)
午前の部 11:00~11:30/ 午後の部 14:00~14:30

〇参加費無料

〇事前申し込み不要

参加をご希望の方は、開始時刻前に、ウトナイ湖野生鳥獣保護センター館内受付前にご集合ください。

※道の駅隣のウトナイ湖野生鳥獣保護センター(植苗56-26)でのイベントです。ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンター(植苗150-3)とお間違えのないようにお気を付けください。

過去のツアーの様子
IMG_1131re
IMG_1126re
P1308160


皆様のご参加をお待ちしております。

(和歌月)






日本野鳥の会苫小牧支部さん主催の「ウトナイ湖探鳥会」が明日開催されます。
葉が落ちた観察路では、様々な野鳥が観察しやすいこの時期、ぜひご参加ください。
今人気のエナガ(亜種シマエナガ)も、リーダーの皆さんが見つけてくださるかもしれません!!
バードウォッチング初心者の方でも、苫小牧支部の会員でない方でも、参加いただけます。

「ウトナイ湖探鳥会」
◆日時:12月8日(日)9時30分~12時頃
◆集合場所:ウトナイ湖サンクチュアリ・ネイチャーセンター(植苗150-3)
※道の駅隣ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(植苗156-26)とお間違いないようにお気を付けください。
◆持ち物:暖かい服装でお越しください。あれば双眼鏡・図鑑
◆その他:お時間のある方は探鳥会後に一緒に昼食をとりたいと思いますので、可能な方は昼食をお持ちください。
事前申込は不要、参加費は無料です。

ちなみに本日は、シジュウカラやハシブトガラが見られ、他にも、

アカゲラ
resize


エナガ(亜種シマエナガ)
P1044379


ゴジュウカラ
PC045311




などの野鳥も見られました。
※写真は過去に撮影したものです。

ぜひ、楽しい探鳥会にご参加ください。
詳しくは、日本野鳥の会苫小牧支部さんのホームページをご覧ください。
日本野鳥の会苫小牧支部さんホームページ

(和歌月)


9月1日に、本ブログでご案内をさせていただきました「勇払原野とことこツアー」は、開催日が近づいています!

開催は、9月29日(日)9:30~15:30です!!

現在、参加者募集中しておりますが、定員残すところ、わずかとなっております。
参加をご希望の方は、お早めにお申し込みください。

◆対象:どなたでも(中学生以下は保護者同伴)*約3~4kmの距離を歩ける方
◆定員:40名(申込み先着順)
◆参加費:お一人(資料代・保険料を含む)おとな1,500円、中学生以下500円
 *未就学児は無料。ただしバスの座席は保護者と相席となります。
◆集合:9:30までにN.C(直接)、または8:30までにJR苫小牧駅北口に集合(その後N.Cへバスで送迎)
◆申込方法:*事前の申込みが必要です
 
参加希望者全員
①氏名(ふりがなも)
②年齢
③住所
④電話(FAX)番号、
⑤この行事を何で知ったか
⑥希望の集合場所」
を明記し、FAX、メール、またはハガキでウトナイ湖サンクチュアリ・ネイチャーセンターまで。追って持ち物など詳細をお知らせします。
◆申込〆切:2019年9月27日(金) *ただし、定員になり次第、受付を終了します。

◆申込先:ウトナイ湖サンクチュアリ・ネイチャーセンター
〒059-1365 苫小牧市植苗150-3
FAX.0144-58-2521  メール:utonai@wbsj.org

 
「勇払原野とことこツアー」は、多くの生きものが暮らしている苫小牧市の勇払原野をめぐるツアーです。
苫小牧東部開発地域内を バスで巡り、弁天沼などを訪れ、行事名どおり「とことこ」歩きながら、そこに残る貴重で豊かな自然を体感します。
共催の日本野鳥の会苫小牧支部のリーダーの皆さんと、当サンクチュアリのレンジャーが勇払原野の自然をご案内します。初めての方でも、自然観察を楽しんでいただけます。
【写真:2015年9月開催時の様子(弁天沼)】
秋のツアー①(2015年)



日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリは、「勇払原野をラムサール条約湿地に」と保全活動を進めています。
【写真:9月の弁天沼】
秋の弁天沼


皆さまからのお申し込みをお待ちしております。

 日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリは、「ラムサール条約湿地に」と保全活動を進めている勇払原野の自然を楽しみ、その特徴や重要性について知っていただこうと、来たる9月29日(日)に「とことこツアー」を開催します。
 秋の開催は2015年に続き、2回目。木の実や色づき始めた葉、草花、渡り途中の小鳥など、例年おこなっている夏とは、また違う生きものや風景に出会えると思います。
 ご案内は当会レンジャーと、共催する当会苫小牧支部の皆さん。定員は40名。事前の申込みが必要です。詳しくは、ウトナイ湖サンクチュアリHPをご覧ください。お申し込みを心よりお待ちしています。(中村)

秋の弁天沼
9月の弁天沼

秋のツアー①(2015年)
2015年9月開催時の様子(弁天沼)

秋のツアー②(2015年)
2015年9月開催時の様子(弁天東池群)





ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(道の駅隣接)では、8月18日までの、土・日曜日、祝日に、「ウトナイ湖・夏のウォークラリー」を開催しています。

約500メートルのバリアフリー観察路を周りながら、自然に関する8問のクイズに挑戦いただくイベントです。
参加費は無料で、どなたでもご参加いただけます。(受付は10時~16時までです。)

まずは、保護センター事務所前の受付カウンターにお越しください。
周るルートの説明や、解答を記入する用紙をお渡しします。
P7281174


センターを出てすぐに案内版が出てくるので、道なりにお進みください。
P7281176


順路の矢印に沿ってお進みください。
P7281180


鉛筆が設置されたクイズの看板です。
P7281181


1周まわり、8問のクイズを解いたら、最後に受付で、答え合わせをしてください。
参加賞の「特製しおり」を差し上げています。
P7281186



皆さまのご参加をお待ちしております。



さて、ウォークラリー途中には様々な生きものが見られます。
本日は、

黄色が鮮やかなキンミズヒキの花
P7281185


湖に、立つアオサギ
P7282415


アジサシの姿も
P7282405


また、本日は珍しくウミネコの群れが飛び交っていました
P7282348

P7282343


オジロワシは、バリアフリー観察路の真上を、旋回していました。
P7282353


ぜひ、ウトナイ湖で夏の今しか見られない自然をお楽しみください。

(和歌月)

※ウトナイ湖および周辺観察路での動植物(昆虫を含む)の採取はできません。

↑このページのトップヘ