カテゴリ: お知らせ

201503来館者の様子
201503作品
前回の様子

ウトナイ湖サンクチュアリでは、マガンやヒシクイなど、ガン類の渡来シーズンにあわせ、皆さまからお寄せいただいた作品で構成する「第3回 雁のいろいろアート展」を今年3~4月の土日祝日に開催いたします。

そこで、展示する作品を皆様から応募開始しております!

    昨年9~10月頃に雁を見たという方、
     毎年雁を見るのを楽しみにしているという方、
    これまで作りためた作品があるという方、
     雁って何?と初めて検索された方!

どなたでも大丈夫!
雁をテーマに作られた作品を、どしどしご応募ください。

詳しくは、ウトナイ湖サンクチュアリHPの イベント情報 をご覧ください。

以下、作品募集の要旨―――
■展示期間: 2017年3~4月のネイチャーセンター開館日
       *ネイチャーセンターは、土・日曜および祝日の9:00~17:00開館
■展示場所: ウトナイ湖サンクチュアリ ネイチャーセンター
■作品の応募要領
□応募資格: どなたでも。資格や年齢などは一切問いません。
□応募条件:
 ①マナーを守り、自然にダメージを与えずに制作されたものであること。
 ②オリジナルの作品であること。写真の場合は合成等の加工をしていないこと。
□募集作品:
 ①テーマ: マガンやヒシクイなど、水鳥の「雁」に関係したもの
 ②内 容: 写真、水彩画、油絵、版画、ちぎり絵、墨絵、パステル画、CG画(コンピューターグラフィック)、絵手紙、キルティング、彫刻、バードカービング、ぬいぐるみ、クラフト、短歌、俳句、詩など。画材や手法は問いません。
  *加工せずに展示できる形(例:写真は額に入れた状態)で出展してください。
  *1作品につき、サイズは平面積1m×1m、高さ1.5m以内としてください。
 ③点 数: 1人3点まで
□出展費用: 無料。ただし、遠方からの出展の場合、往復の送料は自己負担(展示物の破損、紛失、盗難等責任は一切負えません)
□応募方法: 申込み用紙(★)に必要事項をご記入の上、メールまたはファクシミリで下記宛先へお送り下さい。 ★=ネイチャーセンターへお問い合わせください。
 お申込み後は当方の指定する期間内に作品をご持参いただくことになります。
 持参するのが難しい方は、事前にネイチャーセンターへご相談ください。
□申込みの締め切り: 2017年2月22日(水)申込み用紙受領分まで 
poster

みなさまの力作をお待ちしております!

(小山)

9月28日勇建設(株)様に、道沿いの草刈にご協力いただきました。

その成果をここでお知らせさせていただきます。
お知らせが遅くなってしまい申し訳ありません。

シマアオジの小径の一部とキツツキの小径を刈っていただきました。

刈る前
P1010306


刈った後
P1010496


我々レンジャーとはスピードが違います。
P1010314

半日とちょっとで刈っていただきました。

本当にありがとうございました!


ウトナイ湖野生鳥獣保護センターでは、明日からの連休3日間に渡り鳥フェスティバルを開催します。
楽しく渡り鳥について学べるイベントが盛りだくさんです。

※開催場所は、道の駅ウトナイ湖となりの「ウトナイ湖野生鳥獣保護センター」となります。

20161008


【秋の渡り鳥ウォッチング】
日時:10月8日(土)~10日(月・祝) 各日14:30~15:30
内容:ガン類、カモ類、ハクチョウ類などを観察します。

【北海道しめっちカルタ ウトナイ大会】
日時:10月8日(土)13:00~14:00

【とまチョップも参加するよ!渡り鳥・クイズ大会】
日時:10月9日(日)13:00~14:00

【渡り鳥講座 ~日本とオーストラリアを行き来するオオジシギ~】
日時:10月10日(月・祝)13:00~14:00
20161010WCeventOOJISIGIのコピー


開催期間中の全日9:00~17:00は、館内で以下のイベントも行っています!

【マガンのカウントに挑戦!】
【みんなでつくろう!~渡り鳥たちへのメッセージボード~】


ウトナイ湖野生鳥獣保護センター
〒059-1365北海道苫小牧市字植苗156番地26
電話 (0144)58-2231  
ウトナイ湖野生鳥獣センター・イベント情報 リンク



皆さまのお越しをお待ちしています。 
(和歌月)


 大型連休も後半に突入。5月に入り、ウトナイ湖周辺ではようやく、エゾヤマザクラが開花しました。その他、林ではミヤマスミレやフッキソウの花が見られ、クロツグミやセンダイムシクイのさえずりが聞かれるなど、ずいぶんと春めいています。
 そんな連休中、ウトナイ湖野生鳥獣保護センターでは「春のウトナイ湖・ウォークラリー」を開催しています。同センター内で受付をした後、1周が約500メートルの自然観察路を歩きながら、途中のポイントに設置された春の自然に関する8問のクイズに挑戦いただくイベント。同センター内のゴールで参加賞(ウィークラリー限定の「しおり」)をお渡しします。
 開催は5月8日まで。午前10時~午後4時に順次、参加受付を行っています。春の自然を楽しみに、どうぞご参加ください。(中ふつ)

参加の様子
コースの途中で8問のクイズに挑戦!
ゴール
ゴールで答え合わせ
しおり
ウォークラリー限定のしおり。「エナガとフキノトウ」以外の図案もあります。ゴールで1枚をお渡しします。





3月はガン類がウトナイ湖にたくさんやってくる月、ということで、イベント満載!
無事に終わったもの、現在も開催中のものを含めて、様子をお知らせいたします。
  ※『第2回 雁(がん)のいろいろアート展』は4月まで開催中です。

雁イベント①
19日の夕方に開催した、雁のねぐら入りを観察する
「たそがれに雁を見る会」
(日本野鳥の会苫小牧支部との共催)tasogare914
前日18日に今年ピークとなる10万羽以上を数えていたこともあり、ウトナイ湖へねぐら入りする様子はとても迫力がありました。
この時は、ハクチョウの小径の中ほどにある通称・船着き場での観察となり、背後の林(千歳方向)から頭の上を通ってウトナイ湖へ着水する雁を観察することができました。参加者は32名。「ガンが帰ってくる様子が素晴らしかった」などの感想もいただき、みな大満足の様子でした。


雁イベント②
27日の早朝に開催した、雁のねぐら立ちを観察する
「あかつきに雁を見る会」
akatuki0249 - コピー
ピークの総羽数を数えてから、一週間後。ウトナイ湖よりも北の地域の雪解けが進み、一気にねぐら利用が減っていました。参加者は14名。雁の飛び立ちや、カモやハクチョウのしぐさ、水面にもやがかかって幻想的な美々川河口など、早朝ならでは風景に参加者は見入っていました。

上記はいずれも中村レンジャーが案内しました。
雁がどの時期にたくさん渡ってくるのか、それが毎年この行事の悩みどころです。
今回は「たそがれに~」にピークがピタリと合いましたが、こんな風にうまく当たることの方が少ないかもしれません。
「この日辺りにみんなで行くよ」と雁たちが早めに便りでも出してくれない限り、来年もきっと、はらはらどきどきの日程になりそうです。


雁イベント③
雁は現在、道内をじりじり北上中。4月下旬までは見られるものと思われます。
移動をする彼らに思いを馳せながら、
「第2回 雁のいろいろアート展」を、ご覧になりませんか?
gan-art0100 - コピー
今年は、地元小学生(植苗小学校3・4年生)の紙粘土の力作や、デザインTシャツ、卓上のオブジェ、写真、イラストなど約50点が集まり、にぎやかな展示となっております。
雁が北海道に滞在している4月の終わりまでに、是非、足をお運びください。   (小山)

 ※「第2回 雁のいろいろアート展」については、こちら

↑このページのトップヘ